月別アーカイブ: 2013年12月

知っていないと大変なことになる?facebook「交際ステータス」と「生年月日」の意味

19648_1239212864110_4876287_n

 

今日の写真: 2010年、facebook上で非常に多かった「who is following you?(誰があなたを見てる?」関連の「スパムサイト」。アカウントがハッキングされるような悪質なスパムではないが、facebookは「足跡機能」は正式に認めていない。

 

みなさんこんにちは、くどうみきこです。

さて、年内最終のブログとなりました。今日は、かなりいつもと「傾向が違う」内容のブログになりますが、日本でfacebookがメジャーになってから、facebookの機能は日に日に大きく変わってきています。そんな中でまだまだ意外と知られていない、「facebook上での生年月日、交際ステータスの本当の意味について」今日は書いてみたいと思います。

ちなみにー私は昔から English (US) 英語でfacebookを使っていますので、「設定の変え方」も英語でお伝えしますが、やり方は日本語でも一緒です。

 

まず、ー 自分の誕生日、交際ステータスともに「公開範囲」が選べます。

公開範囲は、「一般公開」「友達に公開」「自分だけに公開」「カスタム」と4つのカテゴリーになります。

しかし、いずれにしろfacebook上で交際ステータスに分類を入れると、独身の人には出会いサイトの広告が届くようになります。生年月日を入れておくと、その人に「近い年代」の人のプロフィールがちゃんと選ばれて届くのです。

なぜ私がこれに気がついたか・・・というと、以前、他のfacebookアカウントでハッキング被害にあったことがあり、正確な個人情報を公開したくなかったため生年月日を「1920年」とわざと違う日付を入れていたときがあるのですが、

その後、出会い系サイトの広告がfacebookから届くようになり、送られてきたリストのお相手の男性が

70歳~89歳・・・という「1920年生まれの人にふさわしいプロフィールが送られてきたのです・・・ (ホントの話です)

いや、ホントこのときはびっくりしましたが

そのときにアメリカでは、facebookに生年月日を記入する=自分の個人情報をオープンにしているという意味になるので、やたらに入れてはいけないという話を思い出しました。

ですので、極力「こういったサイトが届かないようにしたい」方は、自分の生年月日と交際ステータスを空欄(非公開)にしておくことをおススメします。

※生年月日の変更は、3回以上することはできませんので注意して下さい!

「プロフィール変更」 → 「カスタム」の設定上から「友達まで公開」「友達の友達まで公開」「特定の人のみに公開」「自分だけに公開」と現在は4パターンから選べるようになりましたが(プロフィールの鍵のマークをクリックしてみてください)、自分だけに公開にしておいたとしても、facebookはあなたの個人情報をしっかりと把握しています。最近、色々なダウンロードアプリがfacebook上で見られますが、これをクリックすると「あなたの生年月日、プロフィール情報、あなたのお友達の情報」アプリをダウンロードするときに全て相手のアプリにも情報が譲られていく、という非常に「これで商売をしている人には」facebookは実に便利にできているわけです。

生年月日の話はこのくらいにして、次に「交際ステータス」ですが

Single (独身)

In a relationship (交際中)

Engaged (婚約相手がいる)

married(結婚している)

In an Open relationship (あとで説明します)

It’s complicated (あとで説明します。以前は無かったカテゴリです)

Separated (別居中ー以前は無かったカテゴリです)

Divorced (離婚ありー以前は無かったカテゴリです)

Widowed (死別ー以前は無かったカテゴリです)

と、現在のfacebook交際ステータスはこんなに細かく分かれています。

「あとで説明します」と書いた、2つの交際ステータスについて

In an open relationship– これは、日本ではこういう定義があまりないため、正確な理解がされにくく、帰国子女の日本人の方でもわかっていない方が時々いらっしゃるくらいです。日本語では「いつでも募集してます」などと解釈されることが多いのですが、意味は全く違います。

正確な意味は、「交際相手はいるけれどお互い特定な相手だけでなく、他の人とも(肉体関係のある)おつきあいをしています」という意味です。

要するに、日本語でわかりやすく言えば「二股OKです」「浮気してます」とか、そんな意味合いになるのです。

ですので、In an open relationship とステータスに書く人はあまりいませんし、いたとしたら「異性にはそういう関係を求めています」とう意味合いにも取られかねないわけです。

もうひとつの意味 It’s complicated ですが 「複雑な関係である」という意味です。

何が複雑かというとー交際相手とうまくいっていない、結婚相手とうまくいっていない、相手と何かトラブルがあって困っているーというような意味です。

以前のfacebookには、ここまで詳細な交際ステータスの設定はありませんでした。

何が言いたいかというと、ここまでfacebookでも交際ステータスが細かく設定できるようになってきたということは、facebook自体が「出会い系サイト」としての存在も意識するようになってきている、ということなのです。

facebookが出会い系サイトになることはないでしょうが、「誘導への入り口」としてこれだけ細かく設定できる交際ステータスがその役割を果たしているのです。

いかがでしたか?

リアルな友達としかfacebookでも交流をしていないという人ならかまわないかもしれませんが、自分の宣伝もかねてfacebookを利用している人、友達の数が多い人ーなどは「生年月日」「交際ステータス」の公開は特に慎重にしましょう!
それではまた(^^)

「日本のために、世界のために何ができるか」
10000箇所を周るプロジェクト
くどう みきこ

 


外国人のI Love Tokyoってどこ?はずれのない東京スポット教えます!

1512174_10202689961790341_1116083223_o

今日の写真:夜の東京タワーと増上寺周辺。
これだけの「東京のど真ん中」にもかかわらず、実はほとんど人がいない穴場でもある。

 

みなさんこんにちは、くどうみきこです。

クリスマスも今日で終わり、お正月が待ち遠しいですね!

実は、多くの観光客が海外から東京に訪れるシーズンでもあります。

上の写真の友達は、世界1周旅行の最中で今日、タイに旅立ちましたが

日本はとっても最高!東京大好き!また来たい!

と、とても喜んでいました。

そこで・・・以前もブログでご紹介しましたが

外国人観光客がお気に入りの東京ってどこ?↓

http://www.world-addict.com/no-english-no-life/coolspotstokyo.html

お陰様で、多くの方に前のブログを見て頂いているようで

今日は、その続編をまとめます!

数百人の外国人をアテンドした私がこっそり教える「外国人観光客が好きな東京スポット」

※順は不同です。

 

1.新宿ゴールデン街

意外なのかそうでないのか、新宿ゴールデン街に連れていくとお酒を飲める外国人なら必ずと言っていいほど喜んでくれます。

理由は・・あのコミゴミとした街の煩雑さ、チャージシステムを取っていない店もあること、歌舞伎町より大きくなく、ひしめきあうような店をはしごしても充分に楽しめることです。

最近は、英語でメニューを出してくれる店も増えてはいますが、日本語だけでも違和感はないようです。特に1960年代、70年代の「「おじさん世代」の日本人に話しかけられ、その人が話している「音楽について」説明をすると、大きな考え方の違いにとても驚いているようです。そんな日本にしかいない、日本語しか話せない日本人とお酒をともにすることで、言葉は通じなくてもコミュニケーションが取れてしまうときもあるのでゴールデン街は本当に面白いなぁと思います。

 

2.ドンキホーテ

昨日まで一緒だったフランス人の知人も話していましたが、以前のブログでご紹介した「ビレッジバンガード」同様、多くの外国人がexciting!! といって店の「ゴチャゴチャ感」を楽しんでいます。

海外だと、こういった「ごちゃごちゃ色々なものを売っている店」はどこかの外国人街で移民が経営しているような小さい店か、あまり治安のよくない場所で掃除もろくにされず、ただ煩雑にモノが売られている店かどちらかです。なぜ外国人がドンキホーテやビレッジバンガードなどのごちゃごちゃとした店が好きかというと、ダウンタウンのメイン通りという「治安も良く」「一流ブランド品の店なども並んでいる」いい場所にこういう「わけの分からない店」が普通にある日本の文化が面白いのだと思います。

 

3.夜の東京タワーと増上寺周辺

この場所は…実は私が最も好きな「東京」です。

20年以上足を運んでいますが、決して飽きることがありません。

しかも、昼はあれだけごった返している増上寺・浜松町周辺ですが

夜はびっくりするほど、殆ど人がいないのです。

東京タワーが燦々と輝く眺めを、増上寺周辺で独占して眺めていると

自分が日本人でよかった、とつくづく感じてしまいます。

あまりにきれいなスポットなので、5,6年前から外国人観光客にも見せに行ってあげているのですが

Fantastic…..

と、声を失って黙々とその美しい眺めを写真に収めるのに夢中になる人もいます。

東京タワーと増上寺のこの2つの眺めは、高輪プリンスホテル周辺や御成門の周りなど、どの場所から見ても比較的障害物が少なくて見えやすく

「江戸の象徴だった、古い由緒あるお寺」と「新しい東京のシンボル」という「温故知新」というのか

そんな「古いものと新しいもの」が見事に混同している場所も、実はそんなにないのではないでしょうか。

特に、年越し・初詣は「大混雑する」場所ではありますが

外国人の友達が東京にくるのだけど、どこかいい場所ないかなぁ…という方がいらしたら

こっそりと連れて行ってあげてみてください!

120%喜んでもらえること間違いなしです!

(夜、お寺の中に入るときは「お寺の邪魔にならないように」マナーをきちんと守って下さいね!)

 
それではまた(^^)

「日本のために、世界のために何ができるか」
10000箇所を周るプロジェクト
くどう みきこ

※ 来年より週末を使い、平日、時間がないけれど海外に出ていきたい!という大人の社会人のために
「1泊2日または2泊3日・強行新規開拓海外視察ツアー」始めます。

 

ブログランキング」 参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村


仕事旅 ブログランキングへ


個人事業主のための海外開拓営業法その1 あるSNSを賢く使う? !

149413_1706889958387_6219170_n

今日の写真:晩秋のベルギー、ゲント

 

みなさんこんばんは、くどうみきこです。

今年も・・・・あと少しになってきましたね!

クリスマス、お正月をどう過ごされるか・・・今から待ち遠しい人もいらっしゃると思います。

今年のクリスマスは、フランスから友達が来ているので彼女たちと一緒に過ごす予定なのですが、

先月から始まった仕事で、来年から「海外営業」もしていいことが決まり、私の頭の中は実は最初、この仕事が始まった時より予想以上に「仕事モード」に傾いています。

で、「海外開拓営業」とネットで検索してみると、

思ったように、役に立つ情報が全然でてこない。。。

「海外開拓営業代行」 とういうのはたくさんでてきますが、分野が食品、製造、医療、ITなど限られているものが多く、

個人事業主という立場で、海外開拓営業をしたい!という人には情報集めなど、かなり厳しいのではないでしょうか。

「海外開拓営業」をする必要に迫られているんだけど、何からはじめたらいいのかわからない・・・

という人に、少しでもお役に立つかどうかわからないのですが

今日は、私の実体験に基づいて「4年間、高円寺で洋服屋をしていた時になぜ一人で海外販路を開拓でき、買い付けなどで8か国も周ることができたのか」 秘密を少し暴露したいと思います!

 

わたしは、お店を出すまでほとんど海外に行ったことはありませんでした。

以前からブログでも書いているように「32歳まで英語が話せなかった」ため、外国人の友達もあまりいませんでした。

店を出してからは、外にでる時間がなくなり

店番をしながら、いつも店内で作業をしていました。

休みは殆どなく、平日夜や土日の交流会や人脈作りのためのイベントなどが行われる時間帯は、「店がいちばん忙しい時間帯」でもあり、外にでられるはずもなく

6坪しかない小さい店でしたので、売上はその時間帯にしかあがらない・・・などという日も珍しくなく

そんな中で、なぜ数百人もの外国人と交流を持ち、中には仕事で海外開拓につながる貴重な人脈も作ることができたのは、今ふりかえってみると「ひとつの共通点」がありました。

それは何か・・・というとSNSを使っていたことです。

というと皆さん、facebook? というかもしれませんが

確かにfacebookも使ってはいましたが(当時、facebookを使っている日本人は確かに少なかったですが)

facebookで人脈を作りこむ前に、「人と出会い、いい人脈につなげるための入り口」

に使っていたSNSがありました。

さて、それは何だったのでしょう??

 

あまり、大声でいいたくないのですが・・・ 笑

正解は・・・

 

ある「出会い系サイト」でした。

正確に言うと、そのサイトを使い始めた時は「出会い系サイト」ではなかったのですが

使い始めて半年くらいたった後に、出会い系サイト色が強くなり

今では完全に「出会い系サイト」となっているようです。

 

とにかく、「店という限られた場所にいて、英語を身に着けて海外の人脈を作って仕事に役立てたかった」ので

その中でできるものには、何でもトライする!!

という感じで、そのSNSに「ペンパル募集」として登録したのがきっかけでした。

当時(2005年ー2007年ごろ)というのは、今より「ペンパルサイト」というものがたくさんあって、

メールをくれるのは、確かにほとんど男性でしたが

「自営業」と書いていたせいか、自分と同じ立場の個人事業主からのメールが多く

出会い系サイトで恋愛がはじまる・・・というよりは

「あなたも事業主?へぇ、何やってるの?」という共通の話題で連絡をくれる人が多かったのです。

その中で、自分と同じような仕事をしている人からメールをもらい、意気投合してからfacebookで連絡を取り続け、海外に行ったときに仕事を手伝ってくれた人もいました。

「恋愛目的で」メールをくれる人もいたのでしょうが、

とにかく、海外に出て買い付けに行く!!と固い意志をもって「出会い系サイト」でメールを繰り返していた私には、幸か不幸か(!) 素敵な恋人を見つけた・・・というよりは海外に行ったときに旅の手助けをしてくれる、現地の友達を紹介してくれたり、家に招待して家族を紹介してくれたり、今振り返ると本当に人に恵まれた出会いが多かったことに感謝しています。(彼らとは、今も交流が続いています。)

笑い話・・・かもしれませんが

Japan Cupid という「出会い系サイト」があるのですが、当時の私はそれが「そういったサイト」と気づかなくて(インターネットを使い始めたばかりで、仕組みがよくわかっていなかったんです)

「ジュエリーデザイナーを目指していて、自分のアクセサリーはお陰様ですごく好評」とプロフィールに書いてあったフランス人に「店を開くので、あなたのアクセサリーを見せてくれないか」と仕事の依頼をしたことがありました。

今振り返ってみると、本当に私って「おバカ」なんですが・・

「日本語が流暢です」と書いてあった彼のプロフィールを見て、英語で書いても返事がなく

ローマ字で「あなたのアクセサリーを見せてください、本気です」と書いたら相手が驚いたのか

その人が作ったアクセサリーの写真を10枚以上送ってくれて、とてもセンスが良かったので

実際にお会いして、制作を依頼したことがありました。

その後、その人とは長年交流が続き、フランス人では一番の親友になり、

高円寺にお店を出した時のSOUL BOX という名前は、その人がつけてくれたものでした。

「外国人がみて、ストレンジな英語でない名前って何だろう?」と相談したら、

「SOUL BOX…響きがいいし、覚えやすい」

ということで、私もそのまま何も考えずに店の看板にその名前を入れていましたが、

その後、多くの外国人が店を訪れてくれたのは、その名前のせいもあったのかもしれません・・・(たしかに、Wow…SOUL BOX, cool name!! と多くの人に言われたような・・・)

残念ながらその知人とは2年前から連絡がとれなくなってしまい、今となってはいい思い出です。

 

長くなってしまいましたが、出会い系SNSもうまく使えば、海外開拓に使える!という一例としてご参考になれば幸いです。

私は、その出会い系サイトで人と知り合う(実際にメインで使っていたのは、Japan Cupidではありません)→ その後、facebookでしばらくの間交流を取る → お互いのことがfacebook上でよくわかってきたら、充分な確認をした上で(どこで会うのか、そこにはどうやって行ったらいいのか、トラブルにあったときはどこに連絡したらいいのか、どこで仕事ができるのか、泊まる場所の住所はどこかなど)

それから現地でその人と会う、 というプロセスを辿っていたので

幸いなことに、ネットで知り合った人とのトラブルに巻き込まれたことはありませんが、

特に女性の方は、くれぐれも気を付けてください!

個人事業主の方、海外開拓営業を応援しています!
それではまた(^^)

「日本のために、世界のために何ができるか」
10000箇所を周るプロジェクト
くどう みきこ

 


国際犯罪に巻き込まれないために!クレジットカード被害を防ぐ方法

IMG_3112

今日の写真:アメリカ某所

1杯5ドルの「グラスワイン」もカードで支払うのが当たり前。
カード社会でクレジットカードは「自分の命の次に大切な物」という認識が海外では特に必要。

 

みなさんこんばんは、くどうみきこです。

今日は、いつも書くような話題とはかなり違いますが

年末年始の旅行シーズンを控え、旅行に出かける方もたくさんいると思いますので

普段なかなか意識しないけれど、「実際に起きるととても怖い」

国際犯罪でも非常に多いひとつである、「クレジットカード被害を防ぐ方法について」

消費者(買い物などで使用する、一般の利用者)の立場と、販売者(偽造カードを受け付けてしまったがためにカード会社から売り上げが保障されないなどのトラブルを防ぐ方法)の立場の2点からお伝えします。

なぜこんなことを今日、お伝えするのかといいますと

昨夜、自分のクレジットカードが「スキミング被害」に遭っていたことに気がつきました。

しかも「ほとんど使ったことがなく、普段自分の机の引き出しにしまいっぱなしになっていた」クレジットカードでです。

多くの「不正請求」は少額のため、気が付かない間に引き落としされていることも多く、

もはや、スキミング被害は「どこにいても巻き込まれる国際犯罪のひとつ」。

海外ではよく「カード被害」について色々なことを聞きますが、これと同時に偽造カードや盗難カードを使い、不正な利益をだしている「悪い人たち」はどのような「偽造カード」を用いるのか、

過去に大手電気メーカーに勤務し、多くの偽造カード被害に悩まされた売り場で勤務していた私の「過去の経験を」思い出したこともまとめます。

 

1.クレジットカード被害に巻き込まれないために日ごろから行っておくこと

→ 実はこれ、けっこうしていない人も見受けらるのですが
カードが手元に届いたら、必ず裏面に「署名」をしてください。

カードに署名がないと、万が一盗難や紛失でカードが不正利用されても、カード会社はあなたの損害を「弁償してくれない」っていう事実をご存知でしたか??
まだまだ、意外と知らない人が多いのですが本当です。
このために、200万の不正利用を「自腹で」建て替えざるを得なかったという話を以前知人から聞いたことがあります。

ですので今すぐ「カードの裏面に自分の署名があるか」確かめてください。

日本人の「漢字の名前」は、海外で盗難されたときに署名が真似されにくいのでできれば「漢字」で書くことをおすすめします。

2.自分が持っていたカードが盗難にあった、紛失した場合

→ 速やかにカード会社に連絡し、とめてもらいましょう。盗難の場合は警察に被害届を出すのも忘れずに。

盗難カードの場合、盗んでから10分以内にすでに使われていることが多いのです。

(なぜなのかは、「販売者が注意しなければならないこと」でお伝えします)

 

3.スキミング被害に気が付いた場合

海外でカードを使い帰国してしばらくして、全く身に覚えのない請求が来た・・・
使っていないカードなのに、海外の妙なサイトから海外の通貨で不審な請求が来ているなど・・

実は、「不正請求」と思われる9割以上が「本人の勘違い、店舗での請求が遅れて使った人が忘れている、または家族や恋人が勝手に自分のカードを利用して買い物していた、アダルトサイトにログインした時に課金されているのに気が付かなかった・・・など 自己責任(と、残念ですがカード会社は判断するようです)いわれている事実もあるのですが、

上記に当てはまらず、明らかにおかしい・・・というときは速やかにカード会社に連絡し、事情を説明してください。

一般的に、スキミング被害は「数千円」など少額な請求が多いようです。
なぜなら、高額な利用をすると「その直後に」カード会社からカードの持ち主本人に確認が行く場合が多く、盗難カードやスキミングをする方にも「足が付くリスク」が伴いやすいからです。少額ですと、被害者本人も「間違えてボタンか何か押して使っちゃったかぁ・・・」と気が付かずに請求に応じる場合が多いからだと言われています。

カード会社が土日でカスタマーセンターが休みだった場合は、夜間の盗難・紛失センターに連絡し事情を説明し、可能であればすぐにカードを止めてもらってください(カード会社によって、翌日の日中にカスタマーセンターに電話してくださいと言われる場合もあります)

そしてなぜこのようなことが起きたのか、カード会社に調査を依頼してください。

調査には通常1カ月くらいかかるようですが、本当に「不正請求」とわかれば速やかにカード会社は不正請求の分は応じてくれるはずです。(その間、引き落としはお願いされるかもしれませんが後で返金してくれます)。

もし、調査の結果で納得いかないようなことがあったら、警察に行く前に法テラスなど無料で相談できる弁護士さんにまず相談されることをおすすめします。

ここまでは、消費者がカード被害を防ぐための方法、被害に遭った時の対処法 です。

 

次に、「店舗などで盗難カード被害を防ぐ、偽造カードを見破る方法」をお教えします。

普段、「偽造カードが使われる現場」というのに遭遇することはなかなかないでしょうが、
電気屋や宝石店などで働いていると、けっこうあるのです。
ただーー働いていた時からけっこう時間は立っているので、かなり変わっている部分もあるかもしれないのと
あまり詳細に伝えることで、私の命が狙われるといけないので (!) 笑
簡潔にお伝えだけしておきます。

1.盗難カードや偽造カードを持ってくる人には「共通点」がある

高額な商品を、説明も受けずに「これ下さい」と名指しで来る、 他の関連商品や売り場を全く見ない、とにかく急いでいる ということです。

または、「同じ商品を同じ日または2,3日以内に何度も買いに来る」人も偽造カードの疑いが濃厚です。

盗難カードの場合は、盗んでから10分以内にほぼ100%どこかの店舗で使われ、その後捨てられていたことなども(私が働いていた某電気屋の売り場では)ありました。

これらの人たちは、「購入なさる前に注意点をお伝えする義務がありますので」などと時間を伸ばして被害を防ごうとしても「わかっている」「時間がない」「早くしろ」と販売員にプレッシャーをかけてきます。警察を呼ぶそぶりをし、包丁を突き付けられた販売員も過去にあったくらいです。販売員のリスクは非常に恐ろしいのです。

実際に、機転がきく販売員がうまく警察を呼び、現行犯逮捕できる場合も時々あるのですが

検挙した販売員の「事情聴取」の時間に数時間も警察に拘束され、売り場の販売員が足りなくなりクレームが起きる、などという皮肉な事態も起こりうるので、当時の私の売り場では「偽造カードを持ってくる悪筆な人たち」と「販売員のカード被害防止」のいたちごっこでした。

今は、こんな事態が以前ほど起きていないことを祈りますが・・・

それで、当時「偽造カード」の見分け方というものがあり、今でも同じなのかどうかわかりませんが

もし、変わっていないのなら「少しでもカード被害撲滅のためにお役に立て、お店の被害がなくなったらこれほど嬉しいことはない」ので公表しておきます。

初公開?売上を損害にしないで!「偽造クレジットカードの見分け方」

お客さまの雰囲気が「何かおかしい」と感じたら・・・

まず、「16桁のカード番号」を見てください。

「お客さまのカードがどこの会社のものか」を見てください。

「カード番号」と、「伝票に印字されているカード番号」は合致してますか??(もし現在のシステム上ですべてが印字されていないとしても、表示されている一部の数桁はあってますか?)

「カード」と「伝票に印字されるカード会社分類」は合致していますか?

ここで「カード本体」と「印字された伝票」に違いがあるとしたら、間違いなく偽造カードです。

しかし、カードが通ってしまった・・・

となる前に「お客様、現在カードの機械の調子が悪いため直接カード会社で承認番号をとる形となりますが(と、必ず伝えてください)お時間ございますか?」と説明してください。

不正カードのお客さまなら、ここで間違いなく「時間がないからいい」「それでは他で買う」などして、逃げていきます。

盗難カードらしきものを持ってくる人は、「とにかく急いでいる」ので

やはり、同じ手を使いましょう。

申し訳ございません、あいにく現在カードの機械が故障しておりまして。

カード会社で直接承認番号をお取りしてのお手続きとなりますが、よろしいですか?

不正カードを持ってくる人は「承認番号」という言葉が大嫌いですので、これで追い払ってしまいましょう!

 

今日は、いつもと違う話題になりましたが、深刻な国際犯罪となっているクレジットカードの被害から、ひとりでも多くの人が救われるよう願ってやみません。

その他として・・・外国人窃盗団(も、実は私は洋服屋の店長をしていた時にスタッフが被害にあったことがあるのですが)など

現在は、私が電気屋に働いていた当時より犯罪も巧妙化しているはずですので

まずは、「身の危険」を忘れないでください!
それではまた!

「日本のために、世界のために何ができるか」
10000箇所を周るプロジェクト
くどう みきこ

 


グローバルなファッションセンスを身に着けたい人必見のメンズセレクトショップ教えます!

IMG_1400

今日の写真:新丸の内ビルディング・大手町、東京

 

みなさんこんばんは、くどうみきこです。

いよいよ、クリスマスが近づいてきましたね!

都内はクリスマス一色といった感じで、イルミネーションがとてもきれいになってきました。

先月から、デザインステーショナリーの会社に転職し1カ月がたちましたが

全国の営業地域を任され (いずれ、海外販路も開拓したいと思っていますが)、特に毎日都内のセレクトショップや雑貨店をあちらこちらを周っているせいか、だいぶ「都内のおしゃれな店」情報に詳しくなってきました。

そんな中で、これから海外に出て、「モノ」の力も使って世界に自分を表現していきたい人

言葉の壁はあるけれど、せめて「ファッション(ノンバーバルコミュニケーション)」でグローバルな世界に台頭できるくらいのセンスを身に着けておしゃれな外国人と「共通のセンス」を楽しみたい人・・

などにおすすめの、「グローバルなファッションセンスが身につくおすすめのセレクトショップ」をお教えします!(順は不同です)

 

1.レジデンス バイ アルキメデス・スパイラル 玉川高島屋SC店

知る人ぞ知る、「世界中の一流雑貨&トレンド雑貨」が集まったお店です。中でも、腕時計の品ぞろえは絶品。スタッフの方が身に着けている腕時計もぜひのぞいてみてください、とてもおしゃれなんです!(しかも、時計はアンティークも扱いがあり、専門技師の方が常駐しています)
他の店舗では時計しか扱っていない所もあるのですが、玉川高島屋にあるアルキメデスさんは本当に色々な「最高にオシャレなもの」がお店に「宝箱のように」詰まっていて、男性の方だけではなく女性の方も楽しめると思います。お値段は、「お高め」の物も確かにあるのですが・・・
喫煙具、海外の玩具など、海外の嗜好品ってこんなに面白いんだなぁ・・と「見ているだけでも」とても勉強になります。海外にあるセレクトショップに引けをとらない、「国際都市東京にある、世界レベルでトレンドを追及している店」のひとつです。

アルキメデススパイラルさんのHPはこちら ↓

 

http://www.archimedesspiral.com/store_location/tamagawa/

 

2.STUDIOUS 2nd 店 (原宿)

ここもメンズセレクトショップで、原宿は本店と2nd と2店舗あり、

レディース展開は、新宿のルミネエスト店で取り扱いがあります。

このお店の何がとてもおすすめ・・・かというと、商品のカッコよさはもちろんなのですが、「ショップコンセプト」です。

日本から世界へファッションを、そして文化を発信する

ここのお店は、日本の若手デザイナーブランドの洋服を中心に、「メイド・イン・ジャパン」で世界に勝負できる雑貨などのアイテムも扱っています。

実は、私は以前STUDIOUSさんの店の近くにある古着屋で働いていたことがあるのですが、

原宿という街は、間違いなく世界でも有数の「ファッション激戦区」です。

日本人のトップスタイリストやデザイナーだけでなく、海外からも多くのファッション関係者、クリエイティブな仕事に関わる人が常時訪れて、常時リサーチしています。

チャンスも多いけれど、生き残り競争も激しい街。

STUDIOUSさんは、ここに本店を構えつつ「急激な勢いで」日本各地に店舗を増やしています。

とくに原宿本店は、海外からの外国人観光客が多く

日本のセレクトショップを代表する存在なのです!

ウェブサイトも日本語・英語だけでなく、中国語も用意されているところがさすがです!

あまり最新のファッションやオリジナルのファッションに興味がない・・・という人でも

STUDIOUSさんのセレクトはデザイナーがこれだけ多岐に渡りながら、普段使いの洋服に合わせやすい「コンテンポラリー&シンプル」。

店内を見ていると、確かにヨーロッパ人らしき人や若いアジア人など、多国籍です。

東京に観光に来る外国人で、TOKYO CULTUREをぜひ満喫したい!

という人を案内してあげるのにも、STUDIOUSさんは見ごたえがあるのでお勧めです!

STUDIOUSさんのHPはこちら ↓

http://studious.co.jp/

 

2店舗とも「東京から、世界に向けて文化を発信しているお店」ということで

ちょっと自分には予算オーバーかなぁ・・・と思う人もいるかもしれませんが

そういう方は、ぜひお店の「ディスプレイ」や「商品のコーディネート」をよく見てみてください。

東京のファッションのコーディネートのレベルの高さは、世界でもトップクラスです。

この「センス」を身に着け、アプローチすることができたら、

冗談抜きで・・・あなたは外国人からも「モテモテ」になっちゃいますよ~! (^o^)

 

それではまた!

 


外国人って、どのようにして「世界一周」しているの?

31962_124275134258159_6468327_n

今日の写真: 2010年、SOUL BOX (私が経営していた古着屋・高円寺)にて。
今でも交流が続いているフランス人の知人と撮影。
海外の知人たちは、本当によく「旅に出る」。
しかも数日とか1週間、という旅ではなく数週間、時には数ヶ月など。
「人生をリタイアしたわけでもない」彼らはなぜそんなに頻繁に旅に出られるの?
うらやましい限りですね。(^_^)

 

 

みなさんこんにちは、くどうみきこです。

昨日、また新たな人との出会いがありました。

10年ごしのおつきあいをしているフランス人の友達がいるのですが、その人から

「自分の友達が今世界一周に出ていて、12月に日本に行くから良かったら会って欲しい」

と、連絡があったのは今年の9月。

そのまま連絡が来ない場合も多々あるのですが、今回は1週間ほど前にその人と連絡がつき、

ちょうど、会う約束をした日はOMS(表参道マーケティングスクール)の最終授業の日で打ち上げが行われていたのですが、日本人の人たちとぜひ一緒に交流したい、という彼らのリクエストもあり、ほろ酔い気分で酔っ払っている日本人たち(笑)と一緒に国際交流も楽しむ時間となりました。

1412509_10202576153465204_1197850638_o

※ これは昨夜の写真、表参道マーケティングスクールのメンバーと共に。
フランス人の知人は、言葉がわからなくても「とても楽しそうに」
私たちとの交流を楽しんでくれました。

 

昨夜、わたしたちと一緒にいたロクサーヌ(写真上のフランス人女性)は、3ヶ月前から12歳の息子さんとともに「世界一周」をスタートし、ロシア、モンゴル、中国などを回って日本に来日、年内は日本全国を回りその後タイへ移動、ラオス、カンボジア、インドネシア・・・と旅を重ねていくそうです。

彼女たちと、待ち合わせをしていた原宿で初めて会って話を聞いたときに

シングルマザーで12歳の息子と共に、世界一周している・・・

なんて・・・すごい!と 思いました。

だって・・・日本では考えられますか??

日本だったら、「生活費は?仕事は?」「子供を学校に行かせないの?」など、まず社会のルールや人々の非難を浴びてしまうことに怖気ついてしまうのではないでしょうか。

旅行家の高橋 歩さんが「4人家族で世界旅行」をされたとはいえ、そういったことができる人たちはまだまだごくわずか。

しかし・・・今までもですが海外の知人を見ている限り、彼らは「行きたい!」と思ったときにさっと旅に出て、無理のない旅行を楽しんでいるように思います。

昨日会っていたロクサーヌも、「フランスとカナダで長い間、働いていたんだけど全然自分の時間が取れなくて。以前から、世界を回ろうと思っていたんだけどやっと実現できた」といっていました。

じゃぁ、世界一周するための資金はどうやって用意したの?息子さんの学校は?

など、相手に失礼にならない範囲で聞いてみたのですが、大変驚きの答えが返ってきました。

世界一周のための資金作りはー フランスにある家が売れたので、それで用意した

9ヶ月間、旅に出ている間の息子さんの学校はー 息子さんはパソコンの技術にたけ、web上で旅を続けながら授業を受けている。何よりも世界を旅するという、これ以上実践的な授業はない

ということなのです。

家を売るって・・・そこまでして世界を旅したいのか??

と、日本人はつっこみたくなるかもしれませんが、実はこれ、欧米人では決して珍しいことでは・・ないように思います。

少なくとも、私の知人では3人目です。

そのうちのひとりは、自分の会社を設立するためにアメリカの自宅を売り、会社を立ち上げてからヨーロッパを旅し、その後アメリカに戻ってから結婚してまた家を買って事業も続けています。

もうひとりはヨーロッパの友達で、チェコ・プラハのいい場所にマンションを買い人に貸していたのですが、「人生で余計なものは持たずに旅に出たい」といって昨年そのマンションを売り、旅を続けています。

なんで?家を売ってまで旅に出るの??ありえない!

と、思う人も多々いると思いますが、わたしはこういう人生のスタイル、すごくいいなぁとあこがれてしまうのです。

できれば将来わたしも、こんな旅をしてみたいものだなぁと思います。

 

 

その他にも海外をたくさん旅するために、仕事をやめては旅に出て、帰国してまた再就職してはまた仕事をやめて旅に出て・・・ということを普通に繰り返している人もいます。

彼らをみていて共通しているのは、気負いが無いこと。

それだけのリスクを負って世界一周しても、帰国してからも再び彼らの居場所を作り、仕事もきちんとして、以前と同じような生活をしているわけです。

1410728_10202576156985292_1822147014_o

ロクサーヌと、息子さんと私。
息子さんのナビゲーターが絶妙で、もう大人。
二人は立派な「旅のパートナー」になっている。
親子でこんな関係が持てるなんて、何て素敵なんだろう・・・と思います。

 

ロクサーヌは、「明日から広島に行く」と言っていました。

彼女は純粋に旅を楽しんでいますが、中には旅行しながらお金を稼いでいるパワフルな人もいます。

それが、今日本で流行気味?(笑)になっている「パソコン一つで、世界どこにいても稼げる資産運用なんちゃら、web関連なんとか」と 「賢い」方法をとっている人はいいのですが

アフリカを数ヶ月渡り歩きながら、動物を「動物実験などの公的な理由のため、動物を殺す」アルバイトをしているアジア系アメリカ人の知人の話を聞いたことがあります。(彼は、そうやって10ヶ月アフリカ大陸を旅したようです)

まぁ、そんな極端な例はおいておくとして。。

日本でも、誰でも気軽に「ふらっと世界の旅に出る」価値観と生活習慣が根付くといいですね・・・なんて、今日はちょっと「理想めいた」ことを書いてみました。

それではまた!
「日本のために、世界のために何ができるか」
10000箇所を周るプロジェクト
くどう みきこ
※ 来年より週末を使い、平日、時間がないけれど海外に出ていきたい!という大人の社会人のために
「1泊2日または2泊3日・強行新規開拓海外視察ツアー」始めます。

 

ブログランキング」 参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村


仕事旅 ブログランキングへ


迷信を信じない大人のためのパワーストーン講座7 石に寿命はあるの?

IMG_1393

今日の写真: 3年ぶりに新しく買い換えたストーンジュエリー、スファレライト
スファレライトはダイヤモンドの約4倍の「輝き」を持ちながら、硬度がもろく加工できない「デリケートな石」。
あまり市場に出回らず、ジェムストーンが好きな人だからこそ身につけられる希少石。

 

みなさんこんにちは、くどうみきこです。

先日、久しぶりに自分用の石を買いました!と「プレセリブルーストーン」のお話をしましたが、

今日もジェムストーンのお話をしたいと思います。

先月、たまたま行ったデザインフェスタで「一目ぼれして」

オーダーをお願いしていたネックレスが、今日出来上がってきました。

その石の名は スファレライト といいます。

 

スファレライトという、聞きなれないこの石の名前は

今回、初めて知ったのですが

ダイヤモンドの4倍という光の分散度を放ち、「妖艶な」美しさを保ちながらも

石の硬度が弱く、加工すると砕けてしまうため

根強い人気がありながら、「宝石になれない」とてもデリケートな石。

この石のネックレスをオーダーした工房の人が、

「この石の輝きは燃えるように鮮やかで、本当に素晴らしい石なんですけど、突然割れる可能性があります。それも、濡れたように割れるんです。濡れた固体がまるでパカッ、っと一気に割れるような感じです。最後までいさぎが良いというか、なんと言うのか・・・」とお話してくださって、

この石は、わたしのためにある!

という、妙な確信(!)を感じ取ってしまいました。 笑

ちょうど3年前、アメリカで見つけたスモーキークォーツの原石を自分で加工して作ったネックレスのワイヤーがぼろぼろになってきて取り替える時期に来ており、いつも身につけられる新しいジュエリーを探していたところでしたので、このネックレスを来年から肌身離さずつけることに決めました。

別名「小悪魔の石」と呼ばれるスファレライト。

わたしは「小悪魔」になれるほど「女性としての魅力」は持ち合わせていないと自負してますが (笑) 来年はどんな年になるのか、楽しみです。

 

ところで・・・ジェムストーンのことでよくご質問を受けることのひとつに

「石って、寿命があるんですか?」

ということがあります。

答えは・・・石にはたしかに寿命があります。(身につけるジェムストーンでの話としてで、自然の中にある石などはこの範疇ではありません)

一概には言い切れませんが、ブレスレットに使う「ビーズストーン」で約1年~3年(硬度が弱いロードクロサイトは、半年くらいで傷だらけになるときもあります)

小さめの原石をワイヤーでくるんで「石のエネルギーをダイレクトに受けて使用する」場合で、約2~3年くらいです。

部屋で飾るような大きい原石や、ジェムストーンを「あくまでもアクセサリーとして完全に割り切って使用する」場合は石の寿命はあまり関係ありません(というか、気にしなくていいです)

あくまでも「自分の意識と石からのエネルギーをリンクさせて使う」場合のことを指します。

では、石の寿命がきたとき石はどうなっているのか?

ということですが、かんたんにまとめますと

 

1.石の色が薄くなってきた 又は 色が抜けた 

私がこの3年間肌身離さず身につけた原石のスモーキークォーツは、買ったときはしっかりとした茶色だったのに、今日ワイヤーをはずしたらほとんどの部分が透明になっていました。

これは、この原石が私のために 一生懸命働いてくれたからです。

ここまで使ったら、石を感謝していたわって、しばらくの間休ませてあげましょう。

再び「石の色と輝きが戻ってくる」場合もあれば、石から伝わる「疲労感」が抜けない場合もあります。

そういうときは、土に埋めて休ませてあげると石は元気を取り戻します。たとえ色が戻らなくても大丈夫です。

相性のいい石は、たとえ色があせてもくたびれたように見えても「芯が通った力強さ」を最後まで維持しています。そのとき、本当の意味でその石が「その人だけのものになる」のです。

 

2.なくした、なくなった、拾えないところに落としてしまった、取り戻せない環境になってしまった

これは、その石があなたにとって「役目を終えたから」です。

石は、役割を終えるとその人から離れていく場合があります。

そういう時はー値段が高かった、本当に気に入っていたのに・・・

と、未練が残る場合もあるでしょうが

いさぎよくあきらめて、次へ行きましょう。

石も「来る者拒まず、去るもの追わず」なのです。

実際ーわたしも今年の夏、ひとつの大事な石(ハーキマーダイヤモンド)をなくしました。

以前、アメリカの鉱物博物館で見つけ、大事に持ち歩いていた石なのですが

今年の夏、再び行って戻ってきた直後にどこかでなくなってしまいました・・・

逆にー 「いたずらが好きな石」もあるので、「その人を試している場合は」

あれだけ探しても見つからなかったのでもうなくしたと思ってあきらめていたら、数年後ある日突然探したはずの場所から見つかる・・・なんていう場合もあります。

 

3.ある日、突然つけたくなくなった。身につけると違和感を感じたり、体調が悪くなったりする

昨日まで大事に身につけていたのに、突然つけたくなくなってしまった、なんとなく違和感を感じるようになったーー これも、「その人にとって石の寿命が終わった」同様な意味合いといえます。

ただし、この場合はしばらく経ってまた身につけたくなることも出てくると思いますので、安易に処分しないで、インテリア代わりにするなどで石を休ませ、時々手にとって様子を確かめてあげてください。

 

以上、「石の寿命について」 かんたんにまとめましたが

石の寿命が終わる=石を処分すべきである

ということではありません。

「オーダーブレスの電話をしてもつながらない」自由が丘にある、愛光堂さんもおっしゃっていますが

石の色が変わり、くたびれてきたけれどまだ愛着がある・・・という場合はそのまま身につけていても、手元に置いておいても全く構わないのです。 石は、決してその人を支配はしません。ですから、石の寿命がきていても、その人自身の何かを変えるーということは基本的にはありえません。変わるとしたら、その人自身の意思が変わるのです。

だじゃれではありませんが「石は意志をもつ」というのは本当です。

ちなみにー前回のブログでご紹介した、わたしの守護石である「スーパーセブン」は、2009年11月からほとんど毎日ブレスレットで身につけているので色が抜け、見た目はくたびれてきましたが、

「もうそろそろ変えどきかなぁ・・・」と思って、ブレスからはずそうとすると

4年間、時間を共にした石の「重み」が訴えかけてくるので、未だに手放すことができないでいます。

ですので、見た目はよれよれですがまだまだ現役でがんばってもらいます!

 

それとは逆に3年半前、失恋をした直後に見つけた原石のローズクォーツがあったのですが、

その2ヵ月後に恋に落ち、6ヵ月後、当時の恋人と幸せな生活を送っていたときに

気がついたら、ボロボロになっていました。

ローズクォーツは硬度が高い石でもあるので、そんなに簡単に壊れたりするようなことはないのですが

おそらく、当時の私の身代わりになってくれたのでしょう。

そのローズクォーツですがー 3年前、当時新しく見つけて今日まで使用していた「スモーキークォーツの原石」 と入れ替わりに、「身代わりになってくれたことに感謝して」アメリカのある場所に埋めてきたことを覚えています。

大事なのは、「人の指示で寿命を判断しないこと」です。

パワーストーンセラピストなどに「そろそろ寿命ですから、新しくしましょう」と言われても

ご自分の意思と直感を大事にしてください。

「本当に石の気持ちが理解できる」ストーンセラピストは残念ながらほとんどいない・・・

占いやスピリチュアルという「表面を飾ることで」 石に触れている人たちがほとんどなのです。

それが悪い、ということではないのでしょうが・・・

石は、長年の歴史と宇宙のエネルギーが生み出した「地球からの贈り物」で、人間と共に行き続けています。そのエネルギーを、心から感謝し大事にしてあげてください。

それではまた!

 

「日本のために、世界のために何ができるか」
10000箇所を周るプロジェクト
くどう みきこ


デジタルな時代だからこそ、海外の友達とアナログなコミュニケーションのおすすめ

IMG_3706

今日の写真: 世界中の知人からもらった手紙、クリスマスカードなど。
メールで連絡ができる時代、「意外と古風なんだね」と相手から言われることもあるが、だからこそ「手書きのカード」に喜んでもらえる。

 

みなさんこんにちは、くどうみきこです。

さて、早いもので今日から12月に入り、クリスマスカード、年賀状が気になる季節になってきました。

日本では年賀状が主流で、クリスマスカードってあまり出す機会がないかもしれませんが

海外では、クリスマスが日本のお正月のように「家族みんなで集ってお祝いし」

お正月は、「知人や恋人同士で集まり、カジュアルに過ごす」 というのが主流です。

(旧正月がある国は違いますが、年末年始の休暇も、海外は休んでも12月31日と1月1日または1月2日まで。2日からふつうに働いている、というところも多いですよね)

以前、ニューヨークの友達がクリスマスの時期に、とてもきれいな写真とクリスマスメッセージを添えて、bbcメール(宛名を伏せた一括送信メール)で送ってくれている人がいて、とても素敵なアイデアだな、と思い、店をしていたときは同じように、海外の知人にグリーディングメールを送っていました。

しかし、メールを送る人の数が相当数になってきて、把握しきれなくなってきたのと

こういう「グリーディングメール」を、意外と嫌がる人もいることがわかったのです。

なぜ「嫌がられるのか」-それは、とくに普段そんなにやりとりはしてないけれど、元気ですか?と意味をこめて相手に「ご挨拶」としてメールを送っても、日本のように夏のお中元やお歳暮、年賀状など「季節のあいさつをする」習慣がない人たちにとっては、そのメールがいったいどういう意味なのかわからないようだ・・・ということに気がついたのです。とくにbbcのように一括送信をしていましたので、「何かの宣伝?」と勘違いされてしまうこともあったようなのです。

それでおととしから、親しい知人だけですが日本のクリスマスカードを手書きで送ってみたところ、これが大好評で、この2年強あまりの間に上の写真にあるようにたくさんの葉書を世界あちらこちらから頂くようになりました。

中には「旅行先から送ってくれる人」や、お世話になった友達の実家に送ったらその住所をみた知人の兄弟がわざわざ別のカードを送ってくださったり、

デジタルな時代だからこそ、「ひとりひとりに手書きのカードを送る」というアナログなコミュニケーションも積極的に楽しんでいます。

そこで気がついたことがあるので、「わたしも海外の友達にクリスマスカードを送ろう!」という人たちのために、お知らせしておきます。

郵便局で調べればわかることではありますが、日本では定形のクリスマスカードも、海外へ送る場合は重さにより料金が変わるので注意してください。たとえば25gまでの封書を送る場合アジアは90円、アメリカ・ヨーロッパは110円、ブラジルなどの南米、アフリカは130円です(詳しくは、郵便局のHPをご覧下さい)。

日本だとなかなか送る金額の単位ではないのですが、「国際郵便」むけに郵便局では90円、110円、130円のとてもきれいな切手を用意してくれています。わたしはいつもこの切手を使っているのですが、記念切手などの特殊な切手は大きい郵便局ほど売り切れています。

もし、記念切手で送りたい場合は小さい郵便局か、新宿中央郵便局の「記念切手窓口」がおススメです。

 

あと、せっかくなのでシーズンに間に合わせたい!と送っても、届くのに数週間かかる国があるので注意が必要です。

わたしも世界196カ国全てに郵便を送ったことがあるわけではないので残念ながら「どこの国が遅れがちなのか」詳しくはわからないのですが、間違いなく1,2週間で届かない国があります。それはロシアです。

なぜ、こんなに遅れるのかわからないのですがー 昨年、ロシアの友達にクリスマスカードを送ったら一向に返事がないので「もしかして、途中でなくなったかな・・・?」とちょっと心配していたら、クリスマスもお正月も越えた翌年10日すぎくらいに

I got it ! Thanks! How a beautiful card!!

とメールが来て驚いてしまいました・・・

たまたまだったのかどうなのかはわかりませんが、その友達がお返しにといってその後にグリーティングカードを送ってくれたのですが、届いたのは2月。

どうやら、ロシアの郵便事情はこういうことがわりと起きるのかも知れないので、ロシアに友達がいてクリスマスカードを送りたい!という人がいたら今すぐ送りましょう。

アメリカ・ヨーロッパならたいていの郵便物は1週間程度で届くといわれていますが、アメリカ東側は10日~2週間くらいかかることがあります。

 

また、カードではないのですがアメリカ東側に貴重品を送るときは要注意です。

郵便物が通るルートのひとつ、ニュージャージー付近で紛失することがよくあるので、たとえギフトであってもEMSなど賠償責任ができる郵便でおくることをおススメします。

実際、店をしていたときの話なのですが、ニューヨークの業者から荷物を送ってもらったときに

その業者がケチって、EMSを使わず

荷物が届かず、賠償を請求したら

あわててその業者が、自分で郵便局に行って探したようなのですが

どこかで止まっていたらしく、幸いなことにその後荷物は届き、受け取ることはできたのですが

予定より1ヶ月半も遅れ、仕事用の荷物だったため時期を過ぎてしまい、全く使い物にならなかった・・・ということがありました。

あと、海外の旅行先から送ったカードなども、なぜか遅れて届くことが多いです。(なぜだかわかりませんが・・・1年の間に数回ありました)

 

わたしは今日と来週末を使い、今年も海外の友達に送ります!

みなさんも、「手書きのアナログな国際コミュニケーション」をこの機会に楽しんでみては?(^o^)
それではまた!

 

日本のために、世界のために何ができるか」
10000か所を周るプロジェクト実施中
くどう みきこ