カテゴリー別アーカイブ: 本について

グローバルな世界観を身に着けるためにおススメの本たちその1

19374_1311784400995_7691170_n

今日の写真:地獄谷温泉でお風呂に入っている野生の猿 長野県
実は、この温泉宿は80%以上の観光客が「外国人」。
特にオーストラリア人、フランス人が多い。
1990年代は日本人も多数訪れていたが、1998年の長野オリンピック終了後、ナショナルジオグラフィックがこの地を取り上げてから「世界で最も有名な温泉地のひとつ」となった。
雪道を歩いて数十分の間に、日本人に会うことは殆どない「日本の中の外国」である。

 

みなさんこんにちは、くどうみきこです。

ところで・・・普段本を読んでいますか?

私は、最近はペースが落ちていますが昨年まで 1日に2冊のペースで 本を読んでいました。

この2年間で読んだ本は、500冊は越えていると思いますが、

今日は、その中でも特に「グローバルな生き方を目指す人に」おすすめの読みやすい本をご紹介します。(順は不同です)

1.グローバル キャリア ユニークな自分の見つけ方

慶應義塾大学大学院で教授を勤められている石倉 洋子さんが書かれた本です。

石倉さん自体、かなりのエリートですが 特にこれから海外で就職したい、海外に出ていきたいという20代‘~30代前半の方には必ず読んで頂きたい1冊です。

ご自身の経歴を振り返って、それぞれの年齢ごとで「何をしたらいいのか」という年代ごとに要点をわかりやすく書いてくださっていること、具体的な成功例を「実在する人の例」で豊富に解説してくださっていること、「誰でもできることを続ける、グローバルな社会で活躍できるようになるのも日々の努力の積み重ね」 という「人として大切なこと」をこの本を通して教えてくださいます。

この本を読み終わった後、これから、日本で生活するとしても「グローバルな視点」なくしてスムーズな人生はなし、と多くの読者が気が付くことでしょう 残念ながら「40代以降、グローバルに活躍していくためにはどうしたらいいか」ということが書かれていないのですが、石倉さんなら「続編」がでたとしてもきっとうまくまとめてくださると思います。

 

2.ワーク・シフト(リンダ・グラットン)

昨年出版され、日本経済新聞や多くのメディアにも取り上げられかなり話題になった本です。

本屋で山積みになっているのを見かけた方も多いかもしれません。

個人的に、この本はぜひ読んでほしい、強くおすすめできる1冊です。

なぜなら、「2025年」という設定にはなっていますが、今後の世界がどうなっているのか かなり高い信憑性と共に解説されているからです。「なぜ、高い信憑性と言えるのか」- それは、著者がとことん調べぬいた「1990年代」という年代からさかのぼり、結果に基づいて確実にやってくる近い未来を分析しているからです。

具体的なアジアの事例は残念ながら少ないのですが、それでも現在アジアやアフリカの新興国で事業やNPOをしている方、今後それらの地域で事業やNPOをしたい方も必読です。英語が得意な方は、原書で読まれてもいいかと思います。

 

3. 孤独の楽しみ方ー 森の生活者ソローの叡智 (知恵の贈り物)

「森の生活ーウォールデン」という本をご存知でしょうか?19世紀アメリカ・ヘンリー・D ・ソローによって書かれた「古典中の古典」です。自己啓発書の元祖ともいわれています。

この本は、ウォールデン湖のほとりでひとりで自給自足の生活をしていたソローの哲学書「森の生活」をわかりやすい言葉で解説しなおした本です。

ヘンリー・D・ソローの世界観は今でも多くの人に影響を与え、彼の哲学に基づいてナチュラリストな生活を貫いているアメリカ人も珍しくありません(余談ですがー 私の前のアメリカ人の彼氏もソローを尊敬し、無駄なものを徹底して持たない、ゴミは極力出さないシンプルな生活を今でも続けています)。

私がソローの本を初めて手に取ったのは高校生の時でしたが、訳が古かったせいか「理解しにくく」

その後、超訳版も出されたようですが「長編で、読むのに時間がかかるため」

しばらくの間読み返していなかったのですが、この本のお蔭でまたソローが身近な存在になりました。

特にこの本は、日めくりのように「1ページに1フレーズ」 で開設されているため、その日の気分によって好きなところをめくってみる、なんていう読み方もおすすめします。

 

本当はあと2冊ご紹介しようと思ったのですがー

明日も朝早いので、今日はこのくらいにしておきます。
それではまた!

 

日本のために、世界のために何ができるか」
10000か所を周るプロジェクト実施中
くどう みきこ

 


3000人のユダヤ人にYESと言わせた技術ーグローバルな環境で働く方は必須の1冊

DSCF5028

 

今日の写真:ブルージュ、ベルギー
ブルージュは世界遺産のひとつ、ベルギーはとても小さい国だが「宝箱のように」魅力がいっぱい詰まった国である。

 

みなさんこんにちは、くどうみきこです。

今日は、週に1度の「早帰りデー」。

以前いた会社は大手企業でしたので、残業などほとんどありませんでしたtが

今度の会社は、基本的なマンパワーが足りていない面もあり、平日の残業は必須です。

それでも、「時代の最先端と関わり、世界のトレンドを開拓し、研究し、提案し、そのための決裁権がある」責任のある方たちと交渉し、常にお仕事ができる、という「大変恵まれた環境にいるので」

クリエイティブな現場は、「寝食を忘れるくらい大変だ」ということが多々あるということを思い出しましたが、おかげさまで楽しく仕事をしています。

わたしの会社は、決して外資系といえるほどの設備や環境は整っていませんが、取引先が「世界へトレンドを発信している日本代表のセレクトショップ、有名百貨店、webショップ、海外のセレクトショップ」など、時代のアンテナショップとなっている場所が多いため

新人の私は、はっきり言って「ぺーぺー」の立場です。

今日も、ある超有名百貨店の統括バイヤーの方にご挨拶をさせていただきましたが、完全に「見下されている」のがわかりました・・・苦笑。。

しかし・・・ほとんどの取引先が「メンズファッション・セレクトフロア」「メンズ用の雑貨」を扱う部門で、しかも「日本から世界にトレンドを発信する」立場の人たち。

はっきり言って、担当させて頂いている企業・店舗のほとんどの方が全て「イケメン」・・・

いや、これは仕事とは関係ないのですが 爆笑
これも「今の仕事で人と知り合う楽しみのひとつ」でもあります・・なんて言ってみたりして (^_^) ははは

 

話しがそれましたが、今の 「モノでグローバルに勝負できる」 仕事で

思い出した本があります。

再び「むしょうに読みたくなり」、先ほど本棚から引っ張り出しました。

その本は・・オランダ・アムステルダム在住のマーク冨岡さんが書かれた

「3000人のユダヤ人にYESと言わせた技術」という本です。

本の詳細はこちら ↓

マーク富岡さんは、わたしが「最も尊敬する」日本人です。

オランダ・アムステルダムに在住されており、殆ど日本に帰国されないため最近はお会いしていませんが

昨年まで「1年に1回だけ、日本に帰国されたときに」マークさんならではのグローバルな視点をたっぷり話してくださるビジネスセミナーを開催してくださっていました。

世界90カ国以上を飛び回り、知る人ぞ知る「世界でトップクラスのネゴシエーター」でもあります。

実際にお会いする前から、マークさんが発信される「世界を知りつくす人だからこそ表現できる、説明できる、簡潔な言葉と説得力」に魅了され、ブログなどをよく読んでいたのですが

一昨年と昨年は、直接お会いし「サイン本とマークさんご本人が作ったアジェンダ」をセミナー中に頂ける機会に恵まれました。

 

色々な人が「世界へ飛び出そう、行動しよう!」というコンセプトのもとに、セミナーなどが開かれていますが

マークさんのリアルなスキルと説得力に比べると、残念ながらその右にでるものはまだ殆どありません。

 

「日本人が世界に通用する本当のグローバルとはどんなものなのかー」

この本1冊からだけでは、マークさんのお人柄を十分に理解するには足りないくらいですが

「自分のアイデアが、地球レベルではどういう価値があるのか」

世界レベルで幅広く物事を考えたい、世界に通用する人材になりたい人には必須の1冊と言えます。

 

「世界の第一線」で活躍されている人の言葉に、ぜひ触れてみてください。

それではまた!

 

 


ノルウェイの森 外国人とスムーズに話をするためにマストな日本のカルチャー 1

DSCF4449

今日の写真:ブルノ チェコ共和国

チェコとは、ご縁があるようで2人ほど気心の知れた友達がおり
ブルノに住んでいる知人が案内してくれた街角のパイプやさん。
基本的に、外国人は「自分の場所から外には出ない」ため
プラハへ行くときはプラハに住んでいる知人に、ブルノに行くのならブルノに住んでいる知人にと
「場所に応じて」友達も分けていくことが、海外一人旅を楽しむコツのひとつ。

 

 

みなさんこんにちは、くどうみきこです。

11月から始まった仕事は大変忙しく、ブログの更新が滞り気味になっておりましてすみません。

以前のように毎日は更新できない&ショートブログになっていくと思いますが、今後も続けますのでよろしくお願いいたします。

 

さて、今日は先日、何人かの外国人の知人と話していて、改めて気が付いたことを書きます。

外国人と雑談をするときに、知っていると「とても話が進みやすい」日本のカルチャー。それは何でしょう?

 

そのひとつは・・・ 「ノルウェイの森」(村上 春樹著) です。


とくにヨーロッパ系外国人は、村上春樹大好きな人が多いみたいです。

先月一緒にボランティアに行ったチェコの知人からも、昨日久しぶりに会って話していたイギリス人の知人も、その他の場所でも「ノルウェイの森」の話題は本当によく耳にします。

なんでノルウェイの森にでてくる「直子」は自殺する必要があったのか?なぜ緑は、あんなに明るいのか?

(本を読んで頂ければ、あらすじがわかると思います)など色々と質問攻めにされたのですが、正直「ノルウェイの森」は私の好きなジャンルの小説ではないため、詳しく説明はできないのですが

彼らの意識の中には、ノルウェイの森=作者が日本人=日本人は村上春樹が好きだ

というような思いが多少ならずともあるようです。

今まで何人もの外国人の友達に(男女問わず) 村上春樹読みなよ! と言われていたのですが

どうも、あの「甘ったるいというか、気だるいというか」 独特のあいまいな感性が私にはなじめず

昨年の秋、やっと重い腰を上げてノルウェイの森だけ読んだ・・・という感じです。

ただ、あまりに聞かれるのでご自分の好き嫌いに関係なく、

外国人とスムーズな会話をしたいと思っている方は、「ノルウェイの森」は読んでおかれることをお勧めします。

 

ちなみに・・・この小説を読んだ方ならお分かりかと思いますが

ノルウェイの森は、とても独特な表現世界とともにかなり「性描写」が多い小説です。

ちなみに、私がこの小説の話をしていた知人は、今回は男友達です。

何が言いたいかというと、外国人の友達と話しているとき、異性の知人でもセックスの話題がでてくることがあります。

特にフランス人とは、こういう会話は普通にあります。

だからといって別にその人とカップルになるとか、男女関係を持つとか

そういうことでもないのです。

よくある「日本人男性が下ネタを話す」というような感覚とも全く違います。

 

「日本人は奥さんとか彼女としかセックスの話をしないの?ヨーロッパでは、カフェで男女の知人が当たり前に話していることだよ。そういう点、アメリカ人も倫理観にとらわれていてつまらない人種だよねぇ (←フランス人らしいジョークですね 笑)」

と、以前親しかったフランス人の友達数名からも言われましたが、雑談の中にふつうに「官能な話題が定着している」と言ったらいいのでしょうか。

逆に、アメリカ人からはあまりこういう話は聞きません。

だから、「ノルウェイの森」は「文化に対してのキャパシティが大きい」ヨーロッパ人に人気があるのだと思います。

 

それではまた!

 

「日本のために、世界のために何ができるか」
10000か所を周るプロジェクト実施中
くどう みきこ

※ 来年より週末を使い、平日、時間がないけれど海外に出ていきたい!という大人の社会人のために
「1泊2日または2泊3日・強行新規開拓海外視察ツアー」始めます。

 

ブログランキング」 参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村


仕事旅 ブログランキングへ


1年間で150冊楽しく乱読したおすすめの本1 「チープ・シック」

71530_1706877798083_2754824_n

今日の写真: アントワープ、ベルギー
小さな街だが、ファッションのレベルの高さはパリに劣らない。

 

 

みなさんこんにちは、くどうみきこです。

先日も書きましたが、私は年間150冊くらいの本を読みます。
最近は仕事の関係もありビジネス書が多いのですが、
数年前までファッションの仕事をしていた頃はそれほどでもなく、写真が多い洋書をパラパラめくって視覚で楽しむか、リサーチ代わりに雑誌を読むくらいでした。

2年前に生命保険の営業を始めて、ガラッと仕事が変わり
「免許や資格がないと仕事ができない」商売なので、最初の1年は泣きそうなくらい毎月のように試験、試験ばかりが続きました。
ファッション業界 → 金融業界という「右脳から左脳へシフトする仕事」になじめず
色々な違和感を感じながら毎日を過ごしていたことを覚えていますが、今振り返るとこの2年間は
「今まで全く知らなかった&関係ないと思っていたことを知る、そして体験する」
とても貴重な財産になったと思います。

そんな「左脳社会」にもすっかり慣れ
かなりぶ厚いビジネス書なども、今は読めるようになりましたが
「右脳社会時代」(笑)からおすすめの本があります。

「チープ・シック お金をかけないでシックに着こなす法」

1970年代に書かれた本ですが、いまだにロングセラーです。
インタビューされている人たちもルディ・ガーンライク、ダイアナ・ヴリーランド、イヴ・サンローラン、サンドラ・ローズ、ベッツィー・ジョンソン・・・など、当時の「超一流有名デザイナーやファッション編集者」ばかりです。
特に、ルディ・ガーンライクのインタビューが最初に紹介されているって・・ありえないのです!!

ルディ・ガーンライクとは 「伝説のファッションデザイナー」の一人で、この人の書籍はとにかく少なく
以前表参道の「ラブレス」というセレクトショップで中古本で3万!で売られていたのを見たことがあります。(アマゾンで見ても、相当高いのです!)
日本では一部のトレンドに敏感なファッション関係者にしか知られていませんが、未だに彼のカリスマに魅了されている人は少なくありません。

この本を見つけたのは私が専門学校生のころでしたから、もうはるばる20年前 笑
その間にありとあらゆるファッションに関わり、自分で洋服屋を経営し、店をたたみ、外側からファッションを見る立場に変わり、
それでもなおこの本のファッションに対する考え方は、今も私のワードロープの基本になっています。

私も仕事の時は、20枚の色違いのカットソーと、形が違うパンツが数枚、ジャケット数枚を着回ししているだけです。
おかげさまで、「洋服代がかさむ」とか、「どの服にあわせたらいいかわからない」などに悩まされたことは長い間ありません。

ファッションに興味のある方、そうでない方にもぜひおすすめの1冊です (^o^)

チープ・シック ↓


1年間で150冊の本を余裕で楽しく読む方法 1

289778_257509584268046_3690619_o

今日の写真:松山城、愛媛県
みなさまこんにちは、くどうみきこです。

今日は、「明日をかける自由人」にも欠かせない「本について」のお話です。

最近、「速読」とか「フォトリーディング」とか、色々な読書法が見られ、
「読書会」もひんぱんに開かれているのを目にします。

「インターネットがない時代には、もはや戻らない」中で
同時に「本の重要さ」がこれからますます問われてくるのではないでしょうか。

21世紀は「コミュニケーションの時代」。
これから、必ず必要になってくるのは
「英語を使いこなせる」「webを使いこなせる」「良質な情報を常に使いこなせる」
これらの3つは、特に「社会の中で生き残っていくために」身につけないと生き残っていくのが難しい時代になるでしょう。

なんて、ちょっとエラそうなことを書いてしまいましたが 笑
実は、おととしまではそこまで本を読んではいませんでした。
読んでも時々、気が向いたときに読むか(年間に10~20冊程度)
ファッションの仕事を長くしていたので、ビジュアルの本は得意でしたが
振り返ってみれば、小学校のときの読書感想文の宿題はいつも兄弟か先輩のを借りてまるまる写していたくらいです (笑→ にならないか。。)

4、5年前、事業の閉鎖で大きな借金を抱えてしまい
ひたすら「借金返済」に全力を注いでいたとき、
当時使っていたスマホは故障ばかりして、買い替える余裕もなく
電車の中で手持ち無沙汰になるため、「仕方ないから本でも読むか・・・」
と読書を初めて丸2年。

この2年間で、300冊以上の本を読みました。

「気がついたら、こんなに読んでいた」
という感じなのですが、速読などの技術を何も「訓練していない」のにかかわらず
我ながら、よくぞここまで読めるようになったと思います。
年間300~400冊とか、そのくらいの本を読む人も中にはいるので大それたことは言えませんが
ひとつはっきりとわかったことは

300冊くらいの本を読むと、色々なことが大きく変わり始める
ということです。

まず、人脈が変わる。
思考が変わる、というか柔軟になる。
本、新聞、インターネット関係なく「どの情報が信用できて、どの情報が要確認なのか」文体からわかるようになる。
ビジネス書は、「ぱらぱらと本をめくった程度で」どこの情報が重要かすぐにわかるようになる。
「そこに書かれていることの裏の意味」を考えられるようになる。

など、そのほかいろいろです(^^)

もちろん、本を読んだだけで終わりではなくて、どうやってそれを「アクションに落とし込んでいくかが」大切なのですが


本を早く読めるようになると、時間配分もできるようになるので
読んだことをすぐに行動することも楽になります。

「1年間で150冊の本を余裕で楽しく読む方法」
これも何回かに分けて、今後連載していきますが
まず、いちばん大事なのは

「読みたい本を選ぶこと」

えっ?当たり前でしょ?
と思う方もいらっしゃると思いますが
例えば、人から勧められたから読み始めたけれど
なんだか微妙・・
そんなことってありませんか?

そういう「そのときの自分に合わない本」は
無理に最後まで読まなくていいのです。
時間がもったいないないので、他の本へ進みましょう。

勧めてれたお友達には
「本ありがとう、読んでみたけれど
ちょっと、私には合わなかったみたい。
でも、この分野たしかによく知らないから
もう少し勉強して、また改めて読み直してみるね」

と素直に感謝の言葉を伝えましょう。

今日、わたしが読んでいた本はこちらです ↓
「売れるもマーケ 当たるもマーケ マーケティング22の法則」

今、マーケティングスクールに通っているせいもあって、
「古典的王道」ともいえる感動的な本でした。
マーケティングに興味のある方、必読書です!

「1年間で150冊の本を余裕で楽しく読む方法 」
それではまた・・・(^_^)


本を捨てるな 旅にでよう

18640_1361871333137_623478_n

※ 写真ータイ、バンコク

みなさん、本を読んでいますか?

私の仕事の営業先で「製本機(本を作るための機械)」を製造している中小企業様がいるのですが、「10年前に比べて出版物の量は10分の1。今までなんとかやってこれだけど、これからはもう営業開拓して、っていう時代じゃないですね・・・」と、少しため息混じりにおっしゃっていたのが印象に残っています。それだけ本を読む人、減っているんですね。

わたしは、年間約150冊くらいの本を読みます。今年はちょっとペースを抑えているので少なめですが、それでもこの半年で5.60冊は読んだと思います。

といっても—恥ずかしながら実はおととしまでは大して読みませんでした。

2年前、そのとき使っていたスマホが何度も壊れ、修理しても修理してもダメで、

「こんな使えないケータイはいらん!」とその場でゴミ箱行きにしたのですが、「スマホを買い換える余裕があるほど私は稼いでいないじゃないか・・・」ということに後になって気がつき、

仕方がないのでお古を・・ということで以前使っていた古い携帯に変えたら、当然インターネットが使えなくなり、

電車の中で手持ちぶさたになってしまうので、「本でも読んでみるか・・・」という感じで読み始めたのがきっかけでした。

そして本を読むのが自然に習慣になり、今では本を持ち歩かない日はありません。

最初スマホを買った当初は、電車の中でスマホばかりいじっていた記憶がありますが、

この間タブレットを購入し、また「スマホ生活」に戻った今、そのようなことはありません。

これだけの情報が錯綜する昨今、今後「本」というものは、わたしたちにどのような役割を果たしていくのでしょう?

私は、今後どれだけ情報の伝達が発達しても、本から得られる以上に純度が高い情報、というのはこれからもそんなにないだろうと考えています。

なぜ、本の情報がそれだけエネルギーがあり、人の生き方を変えるほどのパワーがあるのか。

それを知るには・・・とにかく「読み続ける」こと。

雨の日も、風の日も。

それを、とりあえず300冊くらい続けてみること。

それだけでいいです。

それを、試してみてください。

必ず、何かが大きく変わってきます。

「そんなこと言ったって、300冊も読むまで待てない~」とか、

イロイロと言いたい方もでてくるでしょう。

でも、1日1冊読めば300日、1日2冊読めば150日ー半年もかかりません!

そしてそれは、決して難しいことではないのです。

また、巷で言われている「速読法」とか、そういうものに別にわざわざお金をかけなくても(余裕がある方は試されてもいいと思いますが)

普通の読書法で充分です。

また機会を改めて「毎日1冊本をスムーズに読めるようになるにはどうしたらいいの?」ということを書きたいと思います。

とりあえずは—さっそく本を持って、どこかにでかけてみませんか?
旅モードになる音楽と一緒にどうぞ (^o^)