カテゴリー別アーカイブ: 海外不動産

今後人口増加していくアメリカの州と不動産事情について

9223_1255734359779_4992292_n

今日の写真: リバーサイド、ロサンゼルス
ダウンタウンから車で1時間半–私が訪れた2008年、リバーサイドは「東京をダウンタウンだとすると、リバーサイドは船橋みたいなかな・・」とリバーサイド出身のアメリカ人の知人が言っていたのを覚えているが、それから5年経ちーリバーサイドは「南カリフォルニアで最後の開発都市」として大きく変貌を遂げているらしい。

 

こんにちは、くどうみきこです。

今日は、今までにも何度かブログに書いた「不動産投資」についてのお話です。

海外不動産会社の大きな特徴として、
信頼できる会社は
1.長い間地元に密着していること
2.幅広い地域に手を出していないこと

この2つの条件は、絶対にはずすことができません。

しかし、これからご紹介する Walton (ウォルトン) は別格です。

Walton のHP → http://www.waltoninternational.com/

海外不動産投資にすでに興味がある、すでに行っている・・・という方はWalton という名前、すでにご存知かもしれません。

ウォルトンは、創業30年以上の北米でも有数の経験豊かな不動産投資グループで、本社はカナダにあります。

しかしウォルトンの顧客層は世界中に広がり、アメリカ、ドイツ、シンガポール、マレーシア、香港と広がっています。

以前は日本にも窓口があったようなのですが、海外投資や不動産に縛りのある日本市場からは撤退し、

今、日本から最も近い支社は香港になります。

 

ウォルトンの凄いところは、数年かけて徹底的な調査を行い未開発の都市を広く買収、その間に地域の発展と共に不動産を取得し、その場所の発展が進み土地の価格が大きく上昇すると同時に売却して利益を得るという、ランドバンキングと呼ばれるスタイルを取っています。

ですので以前紹介した南カリフォルニアの不動産会社(リーバンス・コーポレーション)とは全く異なるビジネスモデルになります。リーバンスは、既存にある中古物件も対象にしていますが、ウォルトンはまるで子供の成長を見守るかのような、時間をかけて育っていくのを楽しみに待つといったら良いのでしょうか。

知らなきゃ損!アメリカの不動産ってこんなに面白い! http://www.world-addict.com/money/realestate.html

 

もちろんー「投資」ですからメリットだけではなくデメリットもあります。もちろん、ウォルトンはそれらに関しても開示しています。

より詳細を知りたい、という方には別途ウォルトンが定期的に行う報告会に無料で参加できますが、こちらのブログでは不動産投資ってこういうことなんだ・・・とまず知っていただければ、と思います。

(報告会に参加されたい方は、別途ご案内しますのでお気軽にお問い合わせください。毎回会場が満席になる、大盛況な報告会です。会場は丸の内です。)

ウォルトン報告会のお問い合わせはこちらからどうぞ → http://www.world-addict.com/contact

 

今回の報告会の中でウォルトンが発表してくれたのは、今後2040年までにかけて人口が増加していくアメリカの州ベスト10 です。

非常に面白い結果がでましたので、リストアップしておきます。

2040年までに人口が増加していくアメリカの州TOP10

1.  カリフォルニア州 

2.  テキサス州 

3. ニューヨーク州 (4位のフロリダと逆転の可能性あり)

4. フロリダ州 (3位のニューヨーク州と逆転の可能性あり)

5. イリノイ州

6. ペンシルバニア州

7. オハイオ州

8. ミシガン州

9.ジョージア州

10. ノースカロライナ州

だそうです!

 

2350_1093886033672_4117369_n

※カリフォルニア、ローディアム

(すみません・・・私の写真は「ほとんど仕事がらみ」で撮ったものなので、こんな写真しかありません!)
カリフォルニアは、しっかりとした目的と設備投資ができているのなら個人でもで仕事開拓するにはとてもいい場所です。物販の輸出入も運送会社もしっかりしているし、日本へ輸送する荷物のトラブルも東海岸と比べて少なく、また日数も早く到着します。

カリフォルニアでビジネスされる方は現地に不動産を持つ、ってかなりアリです!
アメリカに多額な税金を納められるようになると、弁護士を通して永住権獲得への道も見えてくるかもしれません。

 

以前のブログにも書きましたが、アメリカは1年間で300万人ずつ(名古屋市1個分)毎年人口が増加しています。先進国では人口が伸び続ける唯一の国がアメリカなのです。

世界196カ国ありますから、その可能性は未知数。

アジアの極めて大きい伸びも魅力的ですし、ヨーロッパに住んでいる大切な友達にもいずれは会いに行きたいし、中東やアフリカなどにも行けるようにしたいと思っていますが、

やはり私は、自分の仕事でも一番影響が大きく、いちばんお世話になったアメリカが一番好きだし、アメリカの絶えない可能性が好きだし、今後も追い続けていきます。

 

 

「日本のために、世界のために何ができるか」
10000か所を周るプロジェクト
くどう みきこ

↓ 「ブログランキング」 参加しています。
「面白い!いつも読んでます」とお声を頂くようになりました。ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村


仕事旅 ブログランキングへ


フィリピン永住権をゲットするためにはどうしたらいい?

フィリピン

今日の写真:マカティ、マニラ、フィリピン (フリー画像より抜粋)

 

みなさんこんにちは、くどうみきこです。

昨日、今日はファイナンシャルプランナーのための研修でずっと勉強、勉強の2日間でした。

その中で、「フィリピン不動産投資と永住権について」という大変面白い研修がありましたので、今日はそれについてお知らせしたいと思います。

 

フィリピンというと、みなさんどんなイメージをお持ちでしょうか?

残念ながらまだ私はフィリピンには行ったことがなく、フィリピン人の友達がいる程度なのですが

彼らと話していて思うのは、底抜けに明るいこと。

あ~、今日は仕事がきつくてちょっと疲れたなぁ・・・なんて思うときにフィリピン人の人と会うと、テンションの高さに引きずり込まれて仕事で疲れていたことなどどうでもよくなります。 笑

英語もとても流暢で、彼らと話しているだけでもとてもいい勉強になりますし、一度訪れてみたい国の一つです。

2040年までにバングラデシュと共にアジアで人口が伸び続ける唯一の国で、タガログ語と英語が公用語のため、日本人の方もフィリピンに語学留学される方も多数いらっしゃるのではないでしょうか。

不動産投資に関しては、あくまでも「今日1日の研修で」感じたことだけを一言でまとめますが

利回りの高さは、世界の主要都市と比べても常に上位に入り、「不動産を自分名義で購入できる」アジア諸国としては第1位、

マニラ、セブ島などの国際都市、安定した観光地の中でキャッシュで物件を買える方なら大いに可能性があり、将来のリタイアメントの場所としても最適な場所の一つということは間違いないでしょう。

言い換えればー「住宅ローンを組んでフィリピンで投資物件を買いたい」という方は、フィリピンではなく他の国で検討された方がいい、ということになります。

また、フィリピンだけではないようですが、アジアの国でよく見られる「トラブル」の例として

物件を買った後の内装工事が大幅に遅れる、家賃が滞納される、台風などの天災で物件がダメージを受ける場合がある・・・などに注意をしなければいけないようです。

今日、紹介されていたマニラにある不動産投資会社は、日本人が経営しており

全ての物件に対してではないのですが、1年間から5年間の家賃保証をしてくれるというとてもユニークで良心的なシステムでした。

facebook用

 

同時に、フィリピンの永住権の取り方についても説明があったのですが、フィリピンは他の国に比べて 「今はまだ」 非常に取りやすいようです。

フィリピンのビザは2種類あり、「リタイアメントビザ」と「クオータービザ」に分かれるのですが

リタイアメントビザー
フィリピン国内に不動産があるまたは銀行に日本円で500万相当の資産が常にあること。永住権取得後も、この条件を常にキープすること。なおかつ年間数万円の永住権手数料を国に納められること

というのに対し、「クオータービザ」は

永住権取得までは、フィリピンの銀行口座に500万円相当の資金が必要だが、永住権取得後はそのお金は何に使っても良い。フィリピンにおいておいてもいいし、日本円に換えて日本に戻しても構わない。毎年かかる永住権手数料も、600円程度。

のだそうです!(手続きには数カ月を要するため、現地で不動産を購入される際に一緒に相談されることを強くお勧めします)

で、実際に「フィリピンの銀行に資産を置いておく & ビザを取得するときに、どのくらいの費用がかかるの?」ということなのですが、

依頼する会社によっても違いがあると思いますが、だいだい76万ペソ(約160万円くらい)だそうです。

これって・・・「余生を手に入れるための手数料としては」超安くありません?

欧米の場合なのですがー 永住権ビザを取得する、といった場合に

必用な経費はオーストラリアだと7200万、アメリカだと「1億円を1年間、銀行に常に預けておくことができれば」(これは、現地の会社とよく確認をする必要はあります)

と言われています。

もちろん「お金だけが大事なのではない」のですが、フィリピンの話を聞いてこんなに簡単でいいの?

と正直思いました・・・

 

今日は、本当に簡単にお伝えしているだけですので

もちろん「じゃぁ実際にやってみなよ、いいことばかりではないから」ということはもちろん承知の上ですが、

今回、この研修で「フィリピン」のことをいくつか調べれば調べるほど

フィリピンは他にも、特に35歳以上の方に優遇された制度があるんだ・・・ということに驚いています。

普段、アメリカやヨーロッパと関わりが多い私にとってとにかく「ビザの問題」は多くの人々にとって「頭を悩ませる」ひとつですが、ちょっと見方を変えてアジアに大きな可能性をかける・・・というのは大いにありな選択ですね!

まだ行ったことのないフィリピンですが、行ってみたくなりました!

 

 

「日本のために、世界のために何ができるか」
10000か所を周るプロジェクト
くどう みきこ

↓ 「ブログランキング」 参加しています。
仕事旅ランキングで1位を獲得中です。ありがとうございます!
「国際生活」の方にもぜひ「1クリック」よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村


仕事旅 ブログランキングへ


アメリカの不動産事情を知らないと人生損します!なぜまた「アメリカが好景気」なのか

5414_1184453737808_7020221_n

今日の写真:ブリンムスフィールド(ボストンから約2時間) マサチューセッツ州内のあるホテル
(Brimsfield,Atarbrighe Hotel   Masatsusets, United States)
ボストンは「ヨーロッパから初めて白人が定着した街」なので、実に古い建物が多いが、中は改装されて意外と近代的だったりする。
そうやって「大事に手入れをして」移り住んでいく、というのがアメリカ社会のスタイルである。

 

みなさんこんにちは、くどうみきこです。
昨日のブログ 「知らなきゃ損!アメリカの不動産ってこんなに面白い!」
http://www.world-addict.com/money/realestate.html

多くの方に「面白かったです」「早く続きが知りたい」など励ましのメッセージを頂き、ありがとうございます!

アメリカ合衆国は現在、50の州を抱えており、
「一つの国内」ではあるのですが、日本のような考え方をすると実にしっくりきません。

日本人からわかりやすくとらえるのならば、かなり極端な考え方ですが
「アメリカ合衆国という国は、通貨は同じだが一つ一つが違う国である」

と考えてみると、それぞれの州により法律も税率も違い、また生活習慣や英語のアクセントもかなり違ってくるところもあり、
「州が変われば、法律も人も文化も変わる」というくらい割り切って現地に入ると「違い」もしっくりくるかもしれません。

そんな「大国」の中で共通していることー
それは、「投資という視点で見るのであれば、景気の上昇が期待できる」ということです。

なんて書いてしまうと 「この間、デトロイト市が破産した、って聞いたけど!」 と思われるかもしれませんが

大丈夫、必ず数年以内に立ち直ります。

実際、2008年に世界中に影響を及ぼした「リーマンショック」。

悲観的な日本人は「あのリーマンの影響がまだ・・・」「バブル崩壊がまだ・・」なんて言っている人結構いますが、アメリカはすでにこのリーマンショックからも立ち直り、年間300万人(名古屋市1個分)もの人口が毎年増え続けているのです。

先進国で「人口が増え続けている」のは、アメリカだけだという事実をご存知でしたか?

なぜなら、それだけ「今後のアメリカ経済が進展する」理由があるからです。

そのひとつがーシェールガスです。

シェールガス、って皆さんご存知ですか?
わからない方は、こちらをご覧ください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%82%B9

シェールガス(英語: shale gas)は頁岩(シェール)層から採取される天然ガス。従来のガス田ではない場所から生産されることから、非在来型天然ガス資源と呼ばれる。
アメリカ合衆国では1990年代から新しい天然ガス資源として重要視されるようになった。また、カナダ、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアの潜在的シェールガス資源も注目され、2020年までに北米の天然ガス生産量のおよそ半分はシェールガスになると予想する研究者もいる。 別の研究者は、シェールガス開発により世界のエネルギー供給量が大きく拡大すると予想している

—–と書かれています。

ここでも書かれていますが、世界の約半分のシェールガスがアメリカの中に集中しているのです。このおかげで、アメリカのある州では1リットル130円だったガソリン代が30円にまで下がった、という事実があるのです!

「NHKクローズアップ現代」でも、今年の1月7日にこのことについて取り上げられています。
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3289.html

ちなみに、今いちばん景気がいいのはテキサス州で、
失業率年間3、2%、特に季節労働者の稼ぎが増えており、中にはこの事業だけで1000万以上稼いでいる人もいるそうです。

他にもいくつか要因はあるのですが、シェールガスの影響は今後もアメリカ経済を順調に押し上げるだけでなく、「安定した経済基盤を保ち続ける」ひとつの大きな理由が、「アメリカの不動産価格を安定させている」大きな理由となっています。

「アメリカ不動産投資について」今後も継続してブログ更新していきます、お楽しみに!

 

「日本のために、世界のために何ができるか」
10000か所を周るプロジェクト
くどう みきこ

「人気ブログランキング」参加始めました

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村


仕事旅 ブログランキングへ

 


知らなきゃ損!アメリカの不動産ってこんなに面白い!

IMG_2998

今日の写真:アメリカ南部の小さい町で新築工事中の知人の家。
新築にこだわり階段も多く、このような「複数階建て(この家は4階建て)」というのは、通常は(とくに都心部では)ほとんど見られず、このスタイルはちょっと変わっている。
土地の広さもあり、肥満に悩む人が多いアメリカ人は「家の中で階段を頻繁に昇り降りする」のを「なぜ縦長に家を建てる必要があるんだ」と非効率だと思う人が多い。

 

みなさんこんにちは、くどうみきこです。

7月末に生命保険会社を退社したのですが、勤務していた2年強の間に本当に色々な方とお知り合いになり、
某生命保険会社の営業としては、大した仕事はできなかったのですが 笑
この仕事を通じて最も大きかった収穫は「色々な方に出会えたこと」でした。

普通の生命保険会社の営業は、「保険のご契約」になるような人脈作り、セミナー参加などは積極的に行っている人もいるかもしれませんが
(まどろっこしく書くのは、それもしないで「自分の会社の保険だけを売るのに満足している」人もいるので)
入社してすぐに、「一つの会社の保険商品だけでお客様に最適なご提案をするなんて無理だ」
と気が付いてしまっていた私は(!)
仕事に少し慣れて3,4か月を過ぎたあたりから、「外の世界を知るために」会社の帰りに色々なセミナーや交流会に参加していました。

私にとって、会社に勤務していた時からあこがれていたのは
「生命保険会社でトップセールスマンになってたくさん稼ぐこと」ではなく

「組織の中では決してできない、本当の意味での金融資産業務を通して独立した活動を行っているプロのファイナンシャルプランナー」の存在でした。

会社を退社後、そのお一人のFP(ファイナンシャルプランナーの略です。今後、FPと呼びます)から
「よかったら、私たちのチームに入って一緒に活動しませんか?」と大変ありがたいオファーを頂きました。

そのうちの一つの仕事が「海外不動産投資」についてです。
今日は、「アメリカの不動産投資について」大変面白い勉強会に参加させて頂きました!

みなさん、「不動産投資」というとどんなイメージがあるでしょうか?
来年の消費税増税に備えて「今年中に不動産を購入しよう」と考えていらっしゃる人が多いようで、
生命保険会社を退社する7月末の直前に聞いた話ですが、とくに建築・内装工事関連の業績が伸びている、という話を聞いています。
しかし、日本の不動産は「土地ありき」。
どんなに立派な家を建てたとしても、建物は減価償却されていくたびに資産が下がり、
「中古で手放した時に、新築で買った時の値段を上回る」ことは
現在の日本の経済情勢ではかなり難しいといえるのではないでしょうか。

実は・・・日本の不動産とアメリカの不動産って、全く逆の発想なのです!
※アメリカは、州によってライセンスも法律も全然違いますが、ここではカリフォルニア州の事例をあげて説明していきます

今日は、簡単にだけお伝えしますが

「土地の評価が7,8割、建物の評価が2,3割」の日本に比べて、アメリカは「土地の評価は2、3割、建物の評価が7,8割」ということです。

つまり、どんなに家をきれいに手入れしていても「減価償却と共に」家の価値が下がり、値段も下がっていくのが日本。

築何十年でも「きちんと手入れしていれば=使えれば」 家の価値は下がるどころか、場所によっては値上がりも期待できるのがアメリカ。

特に、カリフォルニア州の不動産は「利回りが高い」物件が多く、

築40年以上でも、わずか数年で(最低でも)1,2倍くらいの上昇は軽く期待できるのです。

なぜこんなことが平気で起きるのかというと、アメリカの法律にも起因があるのですが、

人生の中で「3,4回は引っ越す」と言われているアメリカ人のライフスタイルの中で、「中古の家」は新築以上にポピュラーな存在であり、常に需要があるので公正に取引されています。

なぜ「公正」と言い切れるのか、アジアの不動産投資と比べてなぜ「今、改めてアメリカの不動産がいい」のか、お伝えしたいことはたくさんあるのですが

今後、「海外不動産」に関しては積極的にブログでも取り上げますので、どうぞお楽しみに・・・(^_^)

 

「日本のために、世界のために何ができるか」

10000か所を周るプロジェクト

くどう みきこ

「人気ブログランキング」 参加始めました。
共感頂いたら「1クリック」して頂けると嬉しいです↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村


仕事旅 ブログランキングへ