がんに負けない!アウトドアを楽しもう Over Cancer Together !

IMG_2448

今日の写真:明け方の西湖 (富士五湖のひとつ) 山梨県

 

みなさん、こんにちは。明日をかける自由人、くどうみきこです。

昨日と今日、実はとても素敵な場所で素敵な人たちとすばらしい時間を過ごしていました。

乳がんフィットネスの会を主催され、ジャパンフォーリブストロングでもご活躍されている 広瀬 真奈美さんとその仲間の方たちと一緒に、西湖でのキャンプにご一緒させて頂きました。

私が広瀬さんを知ることになったきっかけは、数か月前に他のイベントでご一緒したのがきっかけだったのですが、
広瀬さんが執筆されている本「愛され笑顔のつくり方」という本を読んでその考え方にとても共感を持ち、今回Happy & Smileセミナーでこのキャンプを企画されたということでお声掛けをいただき、二つ返事で参加させて頂きました。

IMG_2398
朝9時過ぎに東京を出発して西湖についたのは午後1時近く。すでに、このようにたくさんのテントが張られていました。
アウトドアで行動するときは「時間厳守」「やることは2時間前に終わらせる」
なぜならばー日が沈み、明かりがなくなると目の前の道も見えなくなるくらいの暗さになり、
貴重な燃料とまごつく時間をを無駄にしないためにも、太陽がでているうちにテントを作って寝袋をセットする、午後4時には夕飯の支度をして5時半には食べ始める、9時には寝て朝5時に起きて太陽の光をフル活用するー

まさに、「自給自足の大切さ」をリアルで体験するとても貴重な機会に恵まれました。

到着後まもなくテントをセッティングし、4時から西湖ノームの木村 東吉さん直伝の「アウトドアクッキング」を伝授して頂きました!
木村 東吉さんと聞いて、ご存じの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
20代の頃は「ポパイ」のモデルとして活躍され、テレビ出演などもされている、本当に素敵で男らしく、とてもダンディな方でした。

IMG_2407 (1)IMG_2410

見てください!こんな男前の方にお料理を教えて頂けるとは・・・なんてラッキーなんでしょう!(笑)
左の写真、東吉さんの右隣にいるグレーのキャップをかぶっているのが広瀬さんです。
あぁ・・・なんて美男美女!!

IMG_2427

東吉さんを囲んでアウトドアクッキングを楽しんでいる間も、周りは終始笑顔に包まれていました。
右側にいるのは、ジャパンフォーリブストロングのユースリーダーして目覚ましい活躍をとげているあいちゃんです。

IMG_2418
そして・・・見てください!!
東吉さんオリジナルアウトドア料理「ミネソタ風チキンライス」の出来上がりです。
このほかにボルシチを作り、参加メンバー14人で楽しい食卓となりました。

その間に日が暮れて、西湖のまわりはこんな美しい夕暮れに囲まれていました。
食後はキャンプファイヤーをしながら、虫の音とともに「豊かな静かさ」を感じる夜となりました。

IMG_2439IMG_2444

翌朝は5時に起床、西湖の周りを走ったり、「鏡のような」湖の反射のすばらしさに見とれたり・・
6時からは、ほとんどのメンバーが初体験のカヌーを楽しみました。
左下の写真:「転覆しないように」(笑)終始心配だったので、漕ぐのをやめて少し休憩しているときに1枚だけ写真をとりました。
右下の写真:広瀬さんが撮影してくださいました。青い湖の上を静かな波と共に走る気持ちよさは病み付きになりそうです!

IMG_24541078846_501357996606102_829838950_o

カヌーを1時間楽しんだ後はフレンチトーストの朝食を作り、そのあとは樹海のウォーキングへ。
すごい!樹海の遊歩道はきちんと整備されてはいますが、谷があったり洞窟があったりーー
一歩それると「道を見失う」危険がありますが、きちんと道沿いを歩けばとてもワイルドなウォーキングと豊かな自然が楽しめます。

IMG_2463IMG_2464
青木が原樹海の自然は、富士山の溶岩が流れ出た関係で樹の根元がこのように独特の形状をしているものがとても多いのだそうです。
「衣・食・住」すべてを網羅されている東吉さんの解説は、どんなに聞いても飽きることがありませんでした。

その後キャンプ場に戻り、テントを撤収して全てのスケジュールが終了しましたが、
大自然の中で本当に楽しい時間を過ごせたと同時に、これほどたくさんの刺激とエネルギーのある経験をさせて頂けたことは、今後の自分にとっても大きな財産になりました。

と、ここまである「大事なこと」を書いてきませんでしたがー
広瀬 真奈美さんは4年半前に乳がんを発病され、現在も闘病中です。
今回ご一緒したメンバーの中にもやはり乳がんで治療されている方、ご家族ががんで苦しんでいる方などー色々な方がいらっしゃいます。

そして、皆さんに共通しているのは
「いつも輝いていて、そしてとてもバイタリティがあって人生を積極的に楽しまれている」ということです。

以前の私もそうでしたが、誰かが「がんにかかっている」と知った時、
どのような声をかけたらいいのか、どう接すればいいのかわかりませんでした。

広瀬さんはこのキャンプの数週間前に富士山に登り、この日もカヌーが始まる前に西湖の周りをマラソンされるくらい、とても健康的な方です。
そんなとてもアクティブな広瀬さんでさえも「がんにかかると、こんなに生きていくのが難しくなるとは思っていなかった」とおっしゃっていました。

がんと診断されて、まるで運動どころかー何もしてはいけないというような周りの反応。
そんな中で広瀬さんは積極的に運動をはじめ、スポーツを習慣とし、定期的に続けても体に異常は起きない

「がんだからって、体を動かしてはいけないなんて誰が言ったの?むしろ適度な運動はした方がいい、ということを多くの人に伝えたい」

そんな思いから「乳がんフィットネスの会」を立ち上げて、現在は多くの乳がん患者さんと共にマラソンやウォーキングを楽しまれているそうです。

日本人の2人に1人がかかるといわれている「がん」。
実際にがかかった人だけにしか、その大変さと苦しみはわからないのかもしれません。
しかし、がんでない人もできることはあるはずです。
このようなイベントに参加すると、日本では残念ながら「自分はがん家系ではないから関係ないけど、お手伝いしたい」という人がまだ少ないのが現状です。
病気で苦しんでいる人も、そうでない人もボーダーレスに共存していけるよりよい社会にしていくために、このようなイベントにがん患者でない人たちも積極的に参加する必要があるのではないでしょうか?

1074266_501351806606721_1734069056_o

何よりも、「いつもこんなに、輝いている人たちがいる」
そんな素敵な方々と2日間を共にできて、感謝です!

広瀬 真奈美さん(写真左側から3人目、木村 東吉さんの「クッキングレシピ」の本を持っている方です)、そしてキャンプにご一緒させて頂いたがんサバイバーの皆さん、サポーターの皆さん・・・ありがとうございました!

ジャパンフォーリブストロングHP ↓
http://japanforlivestrong.org/?lang=ja

広瀬 真奈美さんの本 ↓ 「誰でもできる表情レッスン 愛され笑顔のつくり方」


がんに負けない!アウトドアを楽しもう Over Cancer Together !」への1件のフィードバック

  1. Manami Hirose

    みきこさん、こんなにステキに描いて頂いて、ありがとうございます!!
    とても楽しい2日間、一緒に過ごせて嬉しかったです。
    ありがとうございました!!
    心より感謝をこめて^^/

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>