世界のどこかから、家族を思い出すとき

75118_1708722444198_1863492_n

今日の写真:ライデン大学の脇の川沿い、ライデン、オランダ

 

ふと、目にした祖父の写真

 

背後には、信じられないくらい古い東京の風景がならんでいる。

 

モノクロの写真の中の祖父は

 

当時の日本で何を考え、何に喜びを見出していたのだろう。

 

 

はるか古代から

 

命は、この宇宙に根付いていた

 

地球という、ひとつの社会になっても

 

裸だった人間が、服を着ることを覚えて

 

進化して、インターネット社会になって

 

欲望のまま、どんなに人間が変わっていっても

 

 

宇宙は、自然は何も変わっていない。

 

地球が大きな水槽だとしたら

 

人間は、まるでその中でちょこまか動いているだけの小さな動物のように

 

自然の前では、人間の力ははかないものである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>