「起業するしかない」という選択

IMG_2287

今日の写真:高円寺、東京 「a.m.m.s」のオーナー瀬尾さんと http://ammsclothing.com/

 

2010年4月、タイ・バンコクで暴動が起き、日本人ジャーナリストが殺害された事件を覚えている人はどのくらいいるのだろうか。

わたしと瀬尾さんはまさにその最中に、その現場にいた。

実際に到着したときの深夜のバンコクは、タイの旧正月の真っ只中。

暴動を取り囲む警察官と、旧正月で大騒ぎして水鉄砲を所構わず通行人にひっかける地元の人達とーかなり異様な雰囲気だったことを今でもはっきりと覚えている。

しかし、そんなリスクを背負ってでも、「お互いの店の仕入れ開拓のために」

私たちはタイへいく、という決心をして訪れた。

一緒にいる3人の女性たちは、バンコクで知り合ったタイの知人たち。

「カオサンロードに止まるから大丈夫、なんとかする」と言った私に

「一番危ないところじゃないの!心配だから二人とも私の家へ来なさい。助けてあげるから」と言ってくれたのがそのうちの一人、Dao(瀬尾さんの左隣にいる女性) だった。

Dao はバッグのデザイナーで、初めて一人でバンコクに行ったときにチャトウチャックというフリーマーケットで知り合った。そのとき、あてにして行った仕事仲間がなんとdrugholic(薬物中毒)になっていた、ということがバンコクに入ってからわかり、誰もあてにできない中で 「えーい、こうなったら一人で動いちゃえ。なんとかする」と無理やり強行突破した買い付けの旅。

巨大なチャトウチャックマーケットの中でも、彼女のバッグはずば抜けて洗練されていてクオリティも高く、目が釘付けになった。「今日はお客さん少ないから、あまり持ってきていないのよねぇ」と言っていたが、それでも私はそこにあった彼女の商品を殆ど全て買い付けた。

というのが、私たちの出会いである。

 

あれから3年後、

私は店を閉め、普通の会社員として働き

瀬尾さんは、お一人で頑張って店を続けられ

Dao はアメリカの大手セレクトショップのバイヤーに見初められ、以前よりますます会社も大きくなり、東京で展示会出展のために今回、日本に訪れて久しぶりの再会となった。

展示会の間の3日間、わたしはこんなに恥ずかしい思いをしたことはない。

何が恥ずかしかったのかというとー「今、自分が起業していないこと」である。

2006年から2010年の4年間、ひとりで走り続けた店を閉めた理由はー資金繰りにとても苦労したからだ。

開業したばかりのときに、声をかけてきたネットショップ製作の営業の口車にのせられてしまい、抱えた負債は600万以上。

あのままひとりで店を続けていたとしても、そのプレッシャーとストレスでいずれ自分が壊れることは明らかだっただろう。

この3年間は停滞したが、借金完済まであと少しまできた。

それだけあった借金もほぼ9割方完済し、大きな初期投資をかけて開業するというリスクを再び持ちたくはないがー これだけ周りが成長しているのに、まだ自分は何もしなくていいのだろうか。

展示会終了後、Dao が 「あなたに、日本代理店のCEOとして動いてもらいたい。やはりあなたは私のことよくわかっているし、とても気が合うから」と 言ってきた。

どこに、それを断る理由が見つけられるのか。

これから、わたしが彼女たちのためにもできることはーやはり起業しかない。

誰からも賃金をもらわない。誰からも雇われない。

一度起業して、いい所と悪いところが痛いほどよくわかっているので「将来の大きな夢のために頑張ってます!」などと愛想をふりまくつもりはないが、

「起業しかない」という選択

この舵取りに向かって、物事の流れが自然に動いている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>