過激でない斬新なお金の話 2  貯金も国境を越えよう!

DSCF4671

今日の写真:プラハ本駅、プラハ、チェコ共和国ー ここから国境を越えて、電車は走って行く。

 

こんにちは、「明日をかける自由人」 くどう みきこです。
昨日のブログで少しだけお話をしましたが、先日ある貯蓄勉強会に参加してきました。

「もう貯蓄なんて絶対にムリ!という社会人の口癖がなくなる貯蓄勉強会」というものです。

主催は山梨県で会社を経営されている株式会社ピュアエネルギーの高橋 小百合さんと、長野県松本市で会社を経営している とさか かずゆき氏です。
とても温厚で温和な笑顔を絶やさないとさかさんは、どうやら「ゼロから億の資金を作り上げた」貯蓄の天才といわれているらしく、優秀なコンサルタントとして全国を飛び回っている方らしいです。
実は、私は普段「この手のセミナー」には行かないのですが
(だって、なんだか胡散臭くありません?普通は 笑)
主催の高橋さんが、とてもお美しくまた気さくで、人としても見習いたいとても素敵な方なので今回、はじめて参加してみました。

約1時間にわたって行われたこの勉強会は、参加者が10名と少なかったのですが(一人一人にきちんとした理解をしてもらうためにあえて大人数で行わないのだそうです)最後は熱気に包まれていました。
どんな熱気かというと「ハイリスクのイメージがある海外投資だけど、こんなに手堅くできるんだ!」という「安心感」というとわかりやすいでしょうか。

「海外投資」というのは、人生に関わる大きな決断です。
始めるときは、自分一人で決断せずに信頼できる専門家をつけて的確なアドバイスを求めてほしいのですが
とさかさんのお話を聞いていて、「この方の投資方法は間違いない」 と思いました。

今日は、その「海外資産運用の現状」について、「特別に公開を許可してくださった」勉強会で使われた資料の写真をもとに簡潔にご説明します。

まず— 投資詐欺にあわないために「大切なお金は、投資会社に預けるのではなく銀行・証券会社・郵便局・保険会社に預ける」

これって、意外と「目からうろこ」でした。
なぜなら、私は2年間生命保険会社で働いた経験があるのですが、「ハイリターン」を期待して投資会社に預ける方、けっこう多いのです。

しかし、とさかさんは 「お金は金融機関に預けるのがマストだけれど、一箇所の日本の銀行にまとめて預けるのはいちばんハイリスク」といいます。
なぜならーほとんど利息がつかないだけでなく、今後の社会情勢で物価の変動により「貨幣価値が下がる」可能性があるからです。

どういうことかというと、もし10年間をかけて300万貯金するとしたら、10年後300万という残高は変わっていなくても、「モノの価値」が下がってしまうと実際の資産は減る、ということなのです。だから、お金を分散してお金を分散させておくことが重要なのです。

「そんなことわかっているさ」という方もいるかもしれません。
しかし、こんなに選べるところがある、って知っていましたか?

要するに、「現在最も伸びている発展途上国・新興国のファンドを分散して上手に活用する」 ということだったのです。(これに関しては、プライベートポートフォリオサービスという「運用のプロによる一任勘定サービスが必要になります)

20130726_201113-e1375046803907-1024x768 20130726_204851-1024x768

これらの図を見てください!
右側は、「現在伸びている国のファンド一覧図」です。
なんか、観光ガイドでも聞いたことのないような国の名前が並んでおりますが、ファイナンシャルプランナーが集まるコンベンションなどに行くとよく聞く国の名前もあります。
余裕がある人はー現地に行ってみて、どんな国だか確認して投資するのもアリですね!笑

左の図は、2010年の経済成長国の金利です。
3年前のデータなので数字に変動はあるでしょうがー ご存知でしょうが「日本の銀行1箇所に預けておく」なんて、この数字をみるとバカらしくなりませんか?

「そんなことわかってるよ、金利が高いということはやはりリスクだよね」
という人もいるかと思いますので、それでは次の例を見てみましょう。
例えばー600万円の資金が手元にあって、一括投資して10年間そのままにする場合、あなたならどんな投資方法を選びますか?

1.右肩上がりで3倍に 600万×3=1800万円 年率11.6%
2・乱降下しながら2倍に 600万×2=1200万円 年率7.17%
3.いったん下落してもとの価格に 600万円×0=600万円 利率0.00%
4.下落してもとの半分の価格に 600円×0.5=300万円 利率マイナス4.13%

もちろん、大多数の人が1番を選ぶと思います
(中にはたまに4番を選ぶ人もいるらしいのですが・・・間違いです*_*)

ところが・・・ちょっと視点をかえるとこうなるのです!

20130726_202524-1024x768

スペースの関係で今日は詳しくお話できませんが、「ドルコスト均等法」を使うと、4番を選んでも損はしません。
かえって、1番の伸びの低さが気になりますよね。「なんで?右肩上がりなのに損するの?」って・・・

これが、先ほど申し上げた 一定金額の投資を保つことによって、10年間という期間の間にモノの価値に変動があっても、低いときに「通常の5万円以上の価値を買っているからリスク回避ができる」 ということなのです。

また、平たく見ると経済の流れと言うのは・・・こうなっていたんです!

20130726_203055-1024x768

常日頃の経済ニュースに一喜一憂していたとしても、「長い目でみれば経済は安定した成長を続けている」・・こうやって表示されると、たしかにわかりやすいですね!

まとめると、

1.1箇所の銀行にお金を預けたままにしない。日本の銀行に預けっぱなしなんて、ナンセンス!日本人の96%が日本円しか持っていない!

2・お金を「増やそう」と思うのではなく「減らさないようにする」ことを心がける。ー資産運用の第一歩

3.お金は金融機関に預ける。投資会社に預けないー投資詐欺から身を守れ!

4.「お金とモノのトレードはどうなる?」まずこれを常に考える

5.プライベートポートフォリオサービスをつかって、大切なお金を分散させる。ドルコスト均等法によって、少ない金額の投資をこつこつ続ける

いかがでしたか?
実際の内容は、とさかさんがもっと詳細に説明してくださったのですが
記事が長くなってしまうので、この辺にしておきます。
この1回のセミナー参加だけで「お金のことがわかった!」などと言うにはまだまだ私はお金に対して未熟者ですが、はっきりと感じたことは

グローバルな活動をめざしているのに、お金をグローバルに見ていないからうまく貯まらないのだ!!

ということでした。

「無知は人生を破壊する」-これは、私自身前の事業で600万以上の借金を作ってしまったときに感じたことです。
おかげ様で完済まであとほんの少しまできましたが、もっと早くこれらの知識を知っておけば、もう少し楽な部分もあったのかもしれません。

「お金にもグローバルになろう」

これを目指して、お金のことももっと勉強します!

素晴らしいセミナーを企画してくださった経営コンサルタントのとさか かずゆきさん、株式会社ピュアエネルギーの高橋 小百合さん、そして長くなってしまった今日のブログを読んでくださった皆さま、どうもありがとうございました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>