フィリピン永住権をゲットするためにはどうしたらいい?

フィリピン

今日の写真:マカティ、マニラ、フィリピン (フリー画像より抜粋)

 

みなさんこんにちは、くどうみきこです。

昨日、今日はファイナンシャルプランナーのための研修でずっと勉強、勉強の2日間でした。

その中で、「フィリピン不動産投資と永住権について」という大変面白い研修がありましたので、今日はそれについてお知らせしたいと思います。

 

フィリピンというと、みなさんどんなイメージをお持ちでしょうか?

残念ながらまだ私はフィリピンには行ったことがなく、フィリピン人の友達がいる程度なのですが

彼らと話していて思うのは、底抜けに明るいこと。

あ~、今日は仕事がきつくてちょっと疲れたなぁ・・・なんて思うときにフィリピン人の人と会うと、テンションの高さに引きずり込まれて仕事で疲れていたことなどどうでもよくなります。 笑

英語もとても流暢で、彼らと話しているだけでもとてもいい勉強になりますし、一度訪れてみたい国の一つです。

2040年までにバングラデシュと共にアジアで人口が伸び続ける唯一の国で、タガログ語と英語が公用語のため、日本人の方もフィリピンに語学留学される方も多数いらっしゃるのではないでしょうか。

不動産投資に関しては、あくまでも「今日1日の研修で」感じたことだけを一言でまとめますが

利回りの高さは、世界の主要都市と比べても常に上位に入り、「不動産を自分名義で購入できる」アジア諸国としては第1位、

マニラ、セブ島などの国際都市、安定した観光地の中でキャッシュで物件を買える方なら大いに可能性があり、将来のリタイアメントの場所としても最適な場所の一つということは間違いないでしょう。

言い換えればー「住宅ローンを組んでフィリピンで投資物件を買いたい」という方は、フィリピンではなく他の国で検討された方がいい、ということになります。

また、フィリピンだけではないようですが、アジアの国でよく見られる「トラブル」の例として

物件を買った後の内装工事が大幅に遅れる、家賃が滞納される、台風などの天災で物件がダメージを受ける場合がある・・・などに注意をしなければいけないようです。

今日、紹介されていたマニラにある不動産投資会社は、日本人が経営しており

全ての物件に対してではないのですが、1年間から5年間の家賃保証をしてくれるというとてもユニークで良心的なシステムでした。

facebook用

 

同時に、フィリピンの永住権の取り方についても説明があったのですが、フィリピンは他の国に比べて 「今はまだ」 非常に取りやすいようです。

フィリピンのビザは2種類あり、「リタイアメントビザ」と「クオータービザ」に分かれるのですが

リタイアメントビザー
フィリピン国内に不動産があるまたは銀行に日本円で500万相当の資産が常にあること。永住権取得後も、この条件を常にキープすること。なおかつ年間数万円の永住権手数料を国に納められること

というのに対し、「クオータービザ」は

永住権取得までは、フィリピンの銀行口座に500万円相当の資金が必要だが、永住権取得後はそのお金は何に使っても良い。フィリピンにおいておいてもいいし、日本円に換えて日本に戻しても構わない。毎年かかる永住権手数料も、600円程度。

のだそうです!(手続きには数カ月を要するため、現地で不動産を購入される際に一緒に相談されることを強くお勧めします)

で、実際に「フィリピンの銀行に資産を置いておく & ビザを取得するときに、どのくらいの費用がかかるの?」ということなのですが、

依頼する会社によっても違いがあると思いますが、だいだい76万ペソ(約160万円くらい)だそうです。

これって・・・「余生を手に入れるための手数料としては」超安くありません?

欧米の場合なのですがー 永住権ビザを取得する、といった場合に

必用な経費はオーストラリアだと7200万、アメリカだと「1億円を1年間、銀行に常に預けておくことができれば」(これは、現地の会社とよく確認をする必要はあります)

と言われています。

もちろん「お金だけが大事なのではない」のですが、フィリピンの話を聞いてこんなに簡単でいいの?

と正直思いました・・・

 

今日は、本当に簡単にお伝えしているだけですので

もちろん「じゃぁ実際にやってみなよ、いいことばかりではないから」ということはもちろん承知の上ですが、

今回、この研修で「フィリピン」のことをいくつか調べれば調べるほど

フィリピンは他にも、特に35歳以上の方に優遇された制度があるんだ・・・ということに驚いています。

普段、アメリカやヨーロッパと関わりが多い私にとってとにかく「ビザの問題」は多くの人々にとって「頭を悩ませる」ひとつですが、ちょっと見方を変えてアジアに大きな可能性をかける・・・というのは大いにありな選択ですね!

まだ行ったことのないフィリピンですが、行ってみたくなりました!

 

 

「日本のために、世界のために何ができるか」
10000か所を周るプロジェクト
くどう みきこ

↓ 「ブログランキング」 参加しています。
仕事旅ランキングで1位を獲得中です。ありがとうございます!
「国際生活」の方にもぜひ「1クリック」よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村


仕事旅 ブログランキングへ


フィリピン永住権をゲットするためにはどうしたらいい?」への3件のフィードバック

  1. たけだ ひろし

    はじめまして 妻がフィリピン人です 今 日本で暮らしてます 私は55歳ですが 今からでもクォータービザ取得できるのでしょうか? どこで申し込みとか手続きをしたらよいのでしょうな? よろしくお願いいたします

    返信
    1. world-addict 投稿作成者

      たけださま、お返事が遅くなり申し訳ございません。
      クォータービザですが、フィリピンに行って申請する必要があります。
      申し込みなどは、現地で代行会社がありますので詳細をお調べになられると良いかと思います。
      ビザ取得まで時間がかかるようですので、頑張ってくださいね。

      返信
  2. ムサシ

    先日フィリピンの永住権、クオータービザを取得しました。

    SRRVも検討したのですが、将来的な継続性ということでクオータービザを選びました。

    フィリピンは世界的に見てもハードルが低いので、条件が変わるまでの間が勝負になりそうですね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>