アメリカの不動産事情を知らないと人生損します!なぜまた「アメリカが好景気」なのか

5414_1184453737808_7020221_n

今日の写真:ブリンムスフィールド(ボストンから約2時間) マサチューセッツ州内のあるホテル
(Brimsfield,Atarbrighe Hotel   Masatsusets, United States)
ボストンは「ヨーロッパから初めて白人が定着した街」なので、実に古い建物が多いが、中は改装されて意外と近代的だったりする。
そうやって「大事に手入れをして」移り住んでいく、というのがアメリカ社会のスタイルである。

 

みなさんこんにちは、くどうみきこです。
昨日のブログ 「知らなきゃ損!アメリカの不動産ってこんなに面白い!」
http://www.world-addict.com/money/realestate.html

多くの方に「面白かったです」「早く続きが知りたい」など励ましのメッセージを頂き、ありがとうございます!

アメリカ合衆国は現在、50の州を抱えており、
「一つの国内」ではあるのですが、日本のような考え方をすると実にしっくりきません。

日本人からわかりやすくとらえるのならば、かなり極端な考え方ですが
「アメリカ合衆国という国は、通貨は同じだが一つ一つが違う国である」

と考えてみると、それぞれの州により法律も税率も違い、また生活習慣や英語のアクセントもかなり違ってくるところもあり、
「州が変われば、法律も人も文化も変わる」というくらい割り切って現地に入ると「違い」もしっくりくるかもしれません。

そんな「大国」の中で共通していることー
それは、「投資という視点で見るのであれば、景気の上昇が期待できる」ということです。

なんて書いてしまうと 「この間、デトロイト市が破産した、って聞いたけど!」 と思われるかもしれませんが

大丈夫、必ず数年以内に立ち直ります。

実際、2008年に世界中に影響を及ぼした「リーマンショック」。

悲観的な日本人は「あのリーマンの影響がまだ・・・」「バブル崩壊がまだ・・」なんて言っている人結構いますが、アメリカはすでにこのリーマンショックからも立ち直り、年間300万人(名古屋市1個分)もの人口が毎年増え続けているのです。

先進国で「人口が増え続けている」のは、アメリカだけだという事実をご存知でしたか?

なぜなら、それだけ「今後のアメリカ経済が進展する」理由があるからです。

そのひとつがーシェールガスです。

シェールガス、って皆さんご存知ですか?
わからない方は、こちらをご覧ください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%82%B9

シェールガス(英語: shale gas)は頁岩(シェール)層から採取される天然ガス。従来のガス田ではない場所から生産されることから、非在来型天然ガス資源と呼ばれる。
アメリカ合衆国では1990年代から新しい天然ガス資源として重要視されるようになった。また、カナダ、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアの潜在的シェールガス資源も注目され、2020年までに北米の天然ガス生産量のおよそ半分はシェールガスになると予想する研究者もいる。 別の研究者は、シェールガス開発により世界のエネルギー供給量が大きく拡大すると予想している

—–と書かれています。

ここでも書かれていますが、世界の約半分のシェールガスがアメリカの中に集中しているのです。このおかげで、アメリカのある州では1リットル130円だったガソリン代が30円にまで下がった、という事実があるのです!

「NHKクローズアップ現代」でも、今年の1月7日にこのことについて取り上げられています。
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3289.html

ちなみに、今いちばん景気がいいのはテキサス州で、
失業率年間3、2%、特に季節労働者の稼ぎが増えており、中にはこの事業だけで1000万以上稼いでいる人もいるそうです。

他にもいくつか要因はあるのですが、シェールガスの影響は今後もアメリカ経済を順調に押し上げるだけでなく、「安定した経済基盤を保ち続ける」ひとつの大きな理由が、「アメリカの不動産価格を安定させている」大きな理由となっています。

「アメリカ不動産投資について」今後も継続してブログ更新していきます、お楽しみに!

 

「日本のために、世界のために何ができるか」
10000か所を周るプロジェクト
くどう みきこ

「人気ブログランキング」参加始めました

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村


仕事旅 ブログランキングへ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>