外国人が喜ぶ東京ってどこなの?何百人も外国人をアテンドしてきた私がこっそり教えます

1454544_10151989913939089_978476379_n

 

今日の写真: 高円寺のカフェ「七つ森」
コーヒーが好きな外国人を連れて行くとgood coffee!と喜んでくれるが、分煙になっていないため「タバコを嫌悪する」人へは事前の説明が必要。

 

みなさんこんにちは、くどうみきこです。

最近、また外国人をアテンドする機会が増えてきました。

平日は会社の仕事もあって難しいのですが週末に「私の友達が東京に行くので、ガイドしてあげてほしい」「今東京にいるので、久しぶりに顔を出したい」など、こちらからオファーする・・・というよりは依頼されることが多いため、まず相手に「東京のどこに行きたいのか?」を聞いてからお会いするようにしていますが、

外国人は日本人と違い、旅はほとんど「ノープラン」という方がやはり多いように思います。

逆を言えば、1週間の旅のスケジュールを「前もって予定でびっしり埋めて」そのとおりに行動するような「規則正しい旅を好む」のは日本人だけなのかもしれませんが・・(^^)

 

昨日も、知人から依頼を受け、サンフランシスコから来た外国人の方に東京の案内をしていました。

彼女はとても行動派で、観光ガイドに掲載されている東京のダウンタウン(浅草、銀座、築地、お台場、六本木、原宿、渋谷、表参道など)は周ったので、「ガイドに無い東京を見たい」とのこと。

そこで、わたしがとっさに連れて行った場所はどこかというと・・・

 

高円寺です。

以前、自分が店をしていた場所でよく知っている、ということもあるのですが

中央線沿線(中野、高円寺、吉祥寺など)は、外国人観光客を連れて行くととても喜ばれますし、「この場所はつまらないなぁ・・・」と言われたことは1度もありません。

なぜ中央線沿線が喜ばれるかというと、中央線独特の「オリジナルなカルチャー」は言葉が通じなくても彼らなりに理解し、なにかツボにはまる所があるようです。

そこで、高円寺という場所も含めてなのですが、数百人の外国人をアテンドしてきた私の経験をもとに「外国人観光客を連れて行くととても喜ばれる場所」をいくつかお教えします。(ちなみに、順は不同です)

 

1.Village Vanguard (ビレッジバンガード)

ビレッジバンガードは「本当に便利な店」です!!どんな外国人を連れて行っても必ず反応があります。

中には、自分の国では見たことの無いモノたちにカルチャーショックを受け、1時間近く「店内からでてこない」外国人もいました。

わけのわからない雑貨たちに大うけする外国人、あぜんとする外国人

彼らの表情を見ていると、こちらまで楽しくなります(^o^) 理屈ぬきで楽しんでもらえる場所のひとつです!路面店は夜遅くまでやっているので、帰る前に「ちょっと面白い場所があるんだけど」といって連れて行くのもおススメです。

 

2.Design Festaのギャラリー(裏原宿にあるデザインフェスタの本部)

ここにも、数多くの外国人を連れて行きましたが Fantastic!! とみんな喜んでくれました。

実は、ここにはギャラリーだけでなく世界の数多くのビールが楽しめるカフェがあります。

しかもそんなに混んでおらず値段も手ごろで、「外国人が嫌がる」チャージもかからないので、「なんか自分の国のカフェにいるみたいだなぁ・・・といってくつろげる外国人もいるようです。

 

3. 回転寿司

これは「王道」かもしれませんが、最近の回転寿司は「進化していて」

昨日入ったお店の回転寿司は「オーダー後、モーターボートのような速さで頼んだお寿司が子舟に盛られてカウンターを駆け巡っていて」

それを見た彼女は、大うけしていました。

日本人の「意外なところに気を配る細かいサービス」は、彼らに「日本人のsense of humor」を理解してもらうためのいいコミュニケーションの場にもなると思います。

 

4. 庭園&美術館

これは、「日本の神社仏閣・庭園」に興味のある人にはとてもおススメです。

新宿御苑や浜離宮、六本木の森美術館や国立美術館などは観光ガイドにものっているので、足を運ぶ外国人が多いのですが、「混んでいるから行きたくない」という人もいます。

そういう外国人には「ちょっと渋めのスポット」を教えてあげると喜ばれます。

小石側後楽園、原美術館など「大きくはないけれど、日本に住んでいる外国人も好きな場所」

彼らの目線にたって、観光で訪れている外国人にも紹介するとよいのです。

特に、原美術館はアクセスがそんなに良いとはいえないため、一緒についていってあげるととても喜んでくれます。その間に「最近、めまぐるしく変わっている」品川の街の説明などをしても良いでしょう。

 

5. まんだらけ (中野、渋谷)

また「中央線」スポットになりますが、アニメが好きな外国人は秋葉原のことはよく調べてくるのですが、まんだらけのことを知っている人はほとんどいません。

ですので「まんだらけには行かないの?」と教えてあげると、「えっ?そんな場所あるの?」と喜んでくれます。

アニメが好きな外国人の嗜好はよくわかりませんが、彼らは「日本人より詳しい」場合もあり、

特に中野のまんだらけは、まるでビルを占領するかのように「中野ブロードウェイビル内であちらこちらに店舗がある」ため、その作りも面白いようで、

どこか1箇所に連れて行けば「彼らで探しているものがある場所を勝手に見つけだし」楽しんでいます。

しかし、秋葉原のように店の場所が転々としているわけではないので、道に迷ったりするロスも無いのが助かります。

以前来日したベルギー人の友達で 「このキャラクターフィギュアを探している」と言われたのですが私がわからない分野なので、「とにかくまんだらけに連れて行けばなんとかなる」と思い、自分で探してもらったのですが

「あった!やっと見つけた!秋葉原は大きすぎて自分ひとりでは全部周れないし、ネットでも随分見たけど見つからなかったんだ・・・いい店を紹介してくれてありがとう!」

と喜んでいました (^o^)

その他まだまだおススメの場所はありますが・・・今日はこのくらいにしておきます。

それではまた!!
「日本のために、世界のために何ができるか」
10000か所を周るプロジェクト実施中
くどう みきこ


外国人が喜ぶ東京ってどこなの?何百人も外国人をアテンドしてきた私がこっそり教えます」への1件のフィードバック

  1. Naoki Ito

    Dera Mis Instractor
    日本語がお上手なので、日本語で書きます。我々、中小企業診断士は、中野BWに関して、無料で、他の東京の都市
    (秋葉原・原宿等)との競争に勝ち、外人客の方々を多く来て頂き、買い物をして頂くには、どんな考え方とか、手段、
    価格目ん等で、あなたのご意見をお教え下さい。
     伊藤直樹より

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>