ストライクアウトの後に道は開けるー世界へ挑む日本人ラスベガスへの道1

IMG_0570

今日の写真:朝の参宮橋周辺(トーストマスターズ全国大会会場近くにて)

 

いよいよこの日がやってきた。

2015年5月17日、トーストマスターズ全国春季大会。

といっても、わからない人には何のことなのか全くわからないだろう。

ちなみに言っておくが「トーストを焼いて誰がマスターかを競う」大会ではない。 笑

トーストマスターズ—長い間歴史があり、なおかつ世界中にメンバーがいる「パブリックスピーキング・リーダーシップスキル」の上達を目的とするアメリカの非営利団体の全国大会が春と秋に行われるのだが、春の大会は特別である。

なぜなら、ここからその年の「世界への挑戦者」が決まるのだ。

そして—- 再びあの男が世界に挑もうとしている。

2013年、シンシナティで行われたトーストマスターズ国際大会でセミファイナルに出場した田村 直樹さん。

「You Decide」のスピーチは、会場にいた多くの欧米人を始め、多くの人の共感を得ながらも

惜しくもタイムオーバーとなり、失格。

そして2年後、また世界の舞台を狙う姿勢が野生の動物のようにぎらぎらと田村さんの全身から伝わってくる。

IMG_2814

2013年シンシナティ国際大会・決勝のあとの閉会式

 

2013年8月20日。

シンシナティに向かう同じ夜行便で、田村さんは偶然私の少し前に座っていたのだが

その時目にした光景を未だ忘れることができない。

私がToastmastersに所属するはるか前からパブリックスピーチの実力者として活躍している田村さん。

普段、あれだけ「声が大きくて豪快で、ふてぶてしくて物おじしない」その後ろ姿から緊張が伝わってくる・・・

その姿はまるで、背中をがくがく震わせるのを必死に抑えている少年のように。

そして田村さんは、誰かに「その姿を見られている」ことに気がついてはいない。

 

そこから滲み出る後ろ姿

そのプレッシャーは正に

「強者が普段、人には決して見せないためらいと弱さ」。

だからこそこの人は、本物の勝者になるだろうと確信した瞬間でもあった。

 

そして当日—

代々木で行われた全国大会で、やはり田村さんは再びwinnerとなった。

「Pinch Hitter (ピンチヒッター)」というスピーチの中で、代打で試合にでてストライクアウトになって長い間悩まされた苦悩がある日突然仕事でチャンスになってかえってきた、という内容のスピーチだが

正にそのままのサクセスストーリーとなって、田村さんは再びトーストマスターズ国際大会への道を手にした。

今年の舞台はラスベガス、どんな物語や興奮や波乱が待っているのだろうか?

是非、ファイナルステージに立っている田村さんを見てみたい・・・

 

という訳で、ご本人の許可も頂き

国際大会出場を決めた本日のドキュメントからラスベガス国際大会が終わる8月まで

私は田村さんを「追っかける」ことにしました。

久しぶりのブログ再開となりましたが、8月下旬までは「世界に挑戦する日本人ーラスベガスへの道」として

田村 直樹さんのドキュメンタリーとして更新を続けます。

 

田村さんは全国大会を終えた直後、仕事の関係でシカゴに向かいましたが

ラスベガス行きへの切符を手にした今、何を感じているのか・・

全国大会で再び勝者となって、何を考えているのか??

 

次回に続きます。

 

次回予告:「世界に再び挑む男は今何を考えているのか」

 

Toastmasters Distritct 76 Japan は
実践を通してコミュニケーションとリーダーシップを学ぶ、アメリカ発祥の非営利教育団体です。
126か国に約31万人の会員がおり、日本国内だけでも168ものクラブがあります(日本語のみ、英語のみ、バイリンガル)
「海外で通用する人材になりたい」「ワールドワイドに人生を楽しみたい」などスキルアップをしながら
同じ目的をもつ私たちと一緒に、トーストマスターズで学んでみませんか?
私たちは非営利団体なので、その為の高額な費用は求めません。また、宗教団体や強引な勧誘とは一切関わりません。
詳しくはこちらから↓ Toastmasters Distritct 76 Japan
https://www.facebook.com/tmdistrict76?__mref=message_bubble

 

「日本から、世界のために何ができるか」

10000か所をまわるプロジェクト

くどう みきこ
(2015-2016 表参道バイリンガルトーストマスターズクラブpresident)

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>