勝者のパワーの「伝染力」—世界へ挑む日本人ラスベガスへの道4

1780649_882100901832900_5181191195565599915_n

今日の写真:田村さんが所属するSunrise Toastmastersのメンバーの皆さんと。
Sunrise Toastmasters クラブは、設立してまだ8年強の比較的新しいクラブだが
多様な国籍が混じるメンバーの向上心が非常に高く、アメリカ・オーストラリア・スコットランド・イギリス・カナダ・中国・インドなど多国籍のメンバーと、国際経験豊富な日本人が「最高を目指す」スピリットがひとつとなり、お互いの成長を助け合う素晴らしい文化が形成されている。

 

驚いた。

2015年6月22日夜、Sunrise Toastmastersでの会合。

遅れてしまった私は、夜7時前に会場についてドアを開けたら、田村さんがスピーチをしている最中だった。

もちろんそれは珍しい光景ではない。ここはTMCだから誰かがスピーチをしているのは当たり前のことだ。

何に「驚いたのか」というと

扉を開けた瞬間に伝わってきた「熱気」。

これは、毎月2回行われている通常の例会であって特別なイベントではない。

すでに満席となり、田村さんがスピーチをしている脇で空いている席をうろうろと探しながら

手にしたアジェンダを見たら、prepare speakerは殆どが欧米人。

田村さんの国際大会出場への気迫が、このクラブに「異様なまでの」勢いを生み出している。

 

IMG_3074

↑ 2013年夏、シンシナティ国際大会の後に訪れたAshevile Toastmasters (ノースカロライナ州)の会合にて。チャイニーズレストランで夕食を取りながら行われていた。
事前にTable Topicのテーマが交付されているのに関わらず、指名されると「一言も話さないで時間オーバーで終わる」アメリカ人メンバーもいる。「パブリックスピーキング」というのは、本場アメリカ人でさえも苦手とする分野なのだろうか。

 

再び世界へ挑戦するために今、田村さんが何をしているのか改めてお話を伺った。

世界大会のファイナルの舞台に立ちたいというのが、
2011年ではじめて世界大会に出場したときからのぼくの目標です。
この2年間で特別なトレーニングをしているということはないのですが、
目標は常にぼくの頭のなかにあります。
スピーチはボディビルディングに似ているところがあって、
鍛えたい筋肉ごとに、集中してトレーニングをする必要があると思っているんです。
そして、そのバランスと総合力で美しい体ができあがる。
たとえば Interactivity(日本語で言うと「双方向性」) というカテゴリー。
これはスピーチのなかで聴衆を巻き込んで、スピーカーのタクトでオーケストラのように一斉に言葉を発してもらい一体感を創出するというスピーチ手法。
これはぼくがシンシナティから帰ってきた直後に出場したTall Tale Speechコンテストで実践しました。
(ちなみに田村さんは、2013年秋のこのコンテストで優勝し、英語の部としてはDistrict76では初となる「春秋連覇」を達成している。)

 

そして、2014年秋のユーモアスピーチコンテストでは
特徴のある人物描写カテゴリーにおいてイタリア人の発音を勉強しました。
(このコンテストで田村さんは観衆の大爆笑の渦に巻き込み、圧倒的な強さを見せてまた優勝と誰もが信じたが僅かながらのタイムオーバー・・・田村さんにとって、「時間」が一番の敵である。この回は元国際大会出場者、Tokyo TMCのRusKyle Rinsety Howser が優勝した。)

 

今回の2015年春 「Pinch Hitter」 のスピーチでフォーカスしたのは

声の出し方。低い声、小さい声でどれだけ響く声を出せるかという声の色彩に焦点を当てました。

IMG_2610

2013年、シンシナティ大会で同じセミファイナルブロックだったDanとクアラルンプールで再会。

 

世界へ挑む男がぶれずに、ただひたすら毎日の生活に落とし込んでいる事は

「ファイナルのステージに出ること」

始まりも終わりも結局そこにたどり着くようだ。

今まで世界大会のセミファイナルに進んだ日本人はもちろん他にもいるが、ファイナルの舞台を踏んだ日本人はまだいない。ファイナルに出るのならなぜ優勝を狙わないのですか?と聞いたら次の答えが返ってきた。

—–  世界大会のファイナルは、フィギュアスケートのエキシビションのようなものだと思っています。
フィギュアスケートのエキシビションは、公式競技のなかで活躍した上位入賞者選手のパフォーマンスであり
勝負の関係がないお祭り的なエンタテインメントです。
このファイナルのステージに立ってスピーチをすることができるイベントのなかで
「本当に選ばれた世界の勝者にのみ与えられる」
7分30秒の空間でスピーチをする、というところにぼくにとって特別の意味があるのです。——

 

「世界へ挑む日本人」 追えば追うほど面白い。

再び世界へ挑戦するために・・・

 

—次回予告:「田村さんの手となり足となり、共に学びともに戦う」
田村さんのメンティーから「世界へ挑む日本人」へのメッセージ

 

Toastmasters Distritct 76 Japan は
実践を通してコミュニケーションとリーダーシップを学ぶ、アメリカ発祥の非営利教育団体です。
126か国に約31万人の会員がおり、日本国内だけでも168ものクラブがあります(日本語のみ、英語のみ、バイリンガル)
「海外で通用する人材になりたい」「ワールドワイドに人生を楽しみたい」などスキルアップをしながら
同じ目的をもつ私たちと一緒に、トーストマスターズで学んでみませんか?
私たちは非営利団体なので、その為の高額な費用は求めません。また、宗教団体や強引な勧誘とは一切関わりません。
詳しくはこちらから↓ Toastmasters Distritct 76 Japan
https://www.facebook.com/tmdistrict76?__mref=message_bubble

 

「日本から世界のために何ができるか」

10000か所を周るプロジェクト、気長に続けます。

くどう みきこ
(2015-2016 表参道バイリンガルトーストマスターズクラブpresident)

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>