「静かな強者」ライバルからのメッセージ–世界へ挑む日本人ラスベガスへの道3

11292796_832846353474697_364767270_n

今日の写真:2013年シンシナティ大会・セミファイナル終了後の打ち上げで。
右端が「えぼっちゃん」こと江星 建太さん。
ひとり挟んで隣が田村さん。 この写真は「えぼっちゃん」の一番の「お気に入り」。

 

「悔しいけどさ。また世界大会に来ればいいことさ。」

2013年8月、セミファイナルで敗れた田村さんが発したこの言葉に衝撃を受けた人物がいる。

その名は… えぼっちゃん (江星 建太さん)。

ファンタジスタ、Tokyo ESS, 宴トーストマスターズの3つのクラブに所属し、数々のクラブコンテスト優勝だけでなくDivision Bコンテスト優勝、District 76コンテスト出場経験もある実力者である。

えぼっちゃんは、じつに「上品」だ。

落ち着いた口調、メールでのやりとりから伝わってくる几帳面さ。
ロジカルだが強引なくらいストレートに自分の意見を伝えてくる田村さんとは対照的であり、田村さんとえぼっちゃんは Fantasista TMC で同じクラブに所属し、また大学生が主催するスピーチコンテストで2人は同じ大会を審査することも多く、接点が多い。

今日は、そんな「身近にいる強力なライバル」 えぼっちゃんに

「なぜ、田村さんはこんなに強いのか」「田村さんにいずれ勝って世界一になるために、普段何をしているのか」「全国のTMCの皆さんへのメッセージ」を伺った。

11272106_832846356808030_1252541058_n

田村さんとえぼっちゃん (江星さん)

 

田村さんと初めてお会いした具体的なタイミングははっきりと覚えていません。恐らく、2012年の秋のTable Contestの時だったと思います。どういうタイミングであれ、その時に田村さんが披露したスピーチは私を含めたスピーカーのスピーチを遥かに凌ぐものでした。Toastmastersの場合、スピーチを構成する要素は大きくContents(内容)、Delivery(話し方)、Language(言葉遣い)の3つです。そのどれもパーフェクトに近い質に仕上げてきた田村さんに対して、只者ではない雰囲気を感じたのを今でも覚えています。なぜなのでしょうか?

私が大学1年生だった2005年からToastmastersに入る2012年までの7年間、スピーチと言えば大学ESS(English Speaking Societyの略。大学によってはESA: English Speaking Association、QGS: Queens’ Garden Society等様々な呼び方があります)で披露されるものが全てでした。それは社会人から見れば、えげつない話題、例えば憲法問題、難民問題、教育問題、政治問題を真正面から向き合った問題解決型のスピーチが蔓延っていました。そんな中、 がちがちの社会派ありきで凝り固まった私のスピーチに対する考え方を破壊し、新たな側面を教えてくれたのが田村さんでした。

この人は聴衆の心を鷲掴みにするテクニックを有している。競技スピーカーとしてはかなり手ごわい。
発表されるスピーチが本当に美しいのです。メッセージはあるけれど、それを直接的な表現で言うのではなく物語で浮かび上がらせるテクニックに毎回圧倒されます。デリバリーもすごい。一つ一つの動きに意味があり、無駄がないのです。ただ、ステージをウロウロしているわけでないのです。ここも素晴らしいと思う面です。

私の夢はいつの日かWorld Champion of Public Speakingで勝つこと。その前にこの凄い人と対峙しなければならない。そう、私がToastmastersにいるのはコンテストで勝って、世界一になりたいからです。Toastmastersに入って間もないのに、気が付けば勝手に田村さんを好敵手として見なしておりました。

自分も「世界に挑むために」 Public Speakingに接する機会は昨年のDistrict 76春季大会に出場して以降、意識して増やしています。

しかしながら、田村さんに勝ちたいということを目的に特別にしていることはありません。一つだけ言えば落語を生で聞くことは続けています。落語にはToastmastersのマニュアルに書いてあることが具現化されている事例が多いです。お金を支払う必要はありますが、払うお金以上に得られるものは大きいです。最後に論評の機会をできるだけ多くもつこと。私が人のスピーチを論評する場合と、誰かに私のスピーチを論評してもらう場をもつことを指します。論評を通じて、Public Speakingのスキルが格段に上がると思います。

繰り返しになりますが、田村さんはスピーチの世界に全く異なる次元があることを教えてくれた方です。そのような素晴らしい方にToastmastersという舞台で出会えたことは光栄です。そして、いつの日かDistrict 76、(仮に日本に2つのDistrictが誕生すれば)世界大会のSemi-Final、世界大会のFinalで雌雄を決することができる日を楽しみにしています。

——– 田村さんのライバルは他にもたくさんいる。

それこそ日本人だけでなく、また国内だけでなく海外にもたくさんいるだろう。

あからさまにライバル意識を前面にだしてくるスピーカーとは違い、えぼっちゃんは「第一線を突っ走る王者(田村さん)に、常にサポートする存在でいながらも冷静にじわじわと詰め寄る「粘り強く攻める勝者」– の風格を感じた。

強いものだからこそより強いものが集まる。
実力のある世界だからこそますます実力がぶつかりあう。

それが「世界へ挑む日本人」の条件であり、自分自身をますます強くし、堂々と戦えるようになるのだろうか。

えぼっちゃん、これからも応援しています。

そして—田村さん、こんなに「頼りになる」ライバルがいます。ぜひラスベガスでファイナルの座に立って優勝を狙ってください。

—次回に続きます。

次回予告:勝者のパワーは伝染する—世界へ挑む日本人ラスベガスへの道4

 

Toastmasters Distritct 76 Japan は
実践を通してコミュニケーションとリーダーシップを学ぶ、アメリカ発祥の非営利教育団体です。
126か国に約31万人の会員がおり、日本国内だけでも168ものクラブがあります(日本語のみ、英語のみ、バイリンガル)
「海外で通用する人材になりたい」「ワールドワイドに人生を楽しみたい」などスキルアップをしながら
同じ目的をもつ私たちと一緒に、トーストマスターズで学んでみませんか?
私たちは非営利団体なので、その為の高額な費用は求めません。また、宗教団体や強引な勧誘とは一切関わりません。
詳しくはこちらから↓ Toastmasters Distritct 76 Japan
https://www.facebook.com/tmdistrict76?__mref=message_bubble

 

 

「日本から世界のために何ができるか」

10000か所を周るプロジェクト、気長に続けます。

くどう みきこ
(2015-2016 表参道バイリンガルトーストマスターズクラブpresident)

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>