タイ・バンコクで「洋服の仕入れができる場所」教えます その1

18640_1361869693096_659979_n

今日の写真: バンコクで滞在していた「1泊600バーツ(1800円)のホテルで働いているところを撮らせてもらいました。
いかにも!タイスタイルで値段もやすいが、欧米サイズのベッド・ミネラルウオーターも備え付けられていて
ダウンタウンにあり、何度も利用したホテルでした。

 

みなさんこんにちは、くどうみきこです。

今日は、「アメリカでもっとも期待されている不動産会社とその現状」をお伝えしようと思ったのですが、

マーケティングスクールで一緒に学んでいるヨッシーニョがタイへ入った、ということで

予定を変更して、「タイ・バンコクでの仕入れの話」をしたいと思います。

※「海賊王になれる!カンボジアスタディツアーに行こう!」 ヨッシーニョのブログはこちら→ http://www.redio.asia/content/kiji/thailand-3.html

 

私がタイ・バンコクへ仕入れに行ったのは2010年です。

それから3年経っていますので、バンコクもかなり変わっている部分があると思いますが

「必ず今でも存在しているはずの」マーケットだけをご紹介します。

まず、ひとつめはプラティナムにある「ファッションモール。ここは、バンコクのダウンタウンに隣接し、日本でいうと丸の内・東京のそばといった感じでしょうか。

18640_1361874533217_8356333_n18640_1361875773248_1239994_n

残念ながら、あいにく詳細を覚えていないのですが

プラティナム(すみません、スペル忘れました。行かれる方はこの写真を現地のタクシー運転手に見せれば、すぐにわかるはずです)の真裏には日本の伊勢丹があったり、私はプラティナムの裏は「物価が日本と変わらない場所なので」行っていないためよくは知りませんが、バンコクでデモが起きるとここは死者やけが人も大勢出る、非常に危険な場所です。

2010年春、バンコクで大掛かりなデモが起き、日本人ジャーナリストが殺害された事件を覚えていらっしゃる方はいますでしょうか。まさにこの場所がプラティナムです。

私はこの事件が起きた3日後にこの場所に入り、仕入れをしていました。

当時、現地の仕事仲間だけでなくいたるところの海外の知人から Are you sure?? Are you going to… Bangkok?  Wow… I am proud of you !!! などと、たくさんの方から心配と励ましのメールを頂いたことは今でも強烈に覚えています。

ちょうど、タイの旧正月が重なっていたせいもあり、街は異様な混乱状態でした。

そんな中「デモ周辺のホテルは絶対にいけない」と同行している業者さんと一緒に「家を貸してくれた」現地の仕事仲間のDao、

そして旧正月の真夜中に着くフライトだったため、心配してわざわざパタヤビーチから「今日はバンコクにいない方がいい、郊外へ身を寄せろ」と言って私たちを迎えに来てくれたオランダ人経営者のHarry,

本当に色々な人が気を使って下さり、いい友達を持てて感謝の気持ちと同時に、かなり責任とインパクトの大きかった仕入れの旅でした。

なぜ、そこまでして「強行したのか」

このときの仕入れは一緒に同行する他の業者さんがいて、その方が「飛行機キャンセルできないんだったら、行くだけ行ってみましょう。現地に入って何もできなければ、僕はバンコク初めてなんで郊外のビーチかどこかへ行ってビールでも飲んでますから」 とバンコク行きを希望されたのと、日本政府の情報が「渡航禁止」までにはなっていなかったため、

「まぁ、行ってみないとわからないこともある」と 「自己責任」を元に、訪れることにしたのです。

IMG_2287

今年(2013年7月) Daoと3年ぶりに東京で再会。
彼女の「ハンドメイドバッグビジネス」は軌道に乗り、日本とアメリカでも市場を開拓し事務所も大きくなっていた。暴動のバンコク下で、一緒に仕入れを強行したa.m.m.s(アームス・高円寺)の瀬尾さんとDaoたち

 

タクシー運転手にも「行きたくない」と言われるのを尻目に、バンコクに住んでいるオーストラリア人の知人が調べてくれた「明日はどうなっているかわからないが、今日はデモは起きない。大丈夫だ、行ってみろ」という情報を見せて運転手を説得し、行ってもらいました。

実際に行ってみると、人が多いはずのバンコクにあまり人がいない。これは衝撃的でした。

しかし同時に、仕入れに来ている人もいない。

この時の仕入れは、他の業者ともバッティングせず、いいものを丸々独占して仕入れることができたとてもいい結果になりました。

オーストラリア人の知人が言った通りこの日はデモ隊も少なく、数日前まであれだけ荒れていたバンコクの街の殺気がうそのようでした。「こんな騒ぎは、パリではしょっちゅうだよ」と吐き捨てるように行って通り過ぎるフランス人観光客もいましたが… 海外の「危険」というのはまさにこういうことをいうのだなぁ、冷静に考えてその場のタイミングをうまくはずせば、過剰な心配や大騒ぎしなくても「自分の身は自分で守れるんだ」という事を痛感したいい機会でした。

※もちろん、だからといって油断したり、甘くみてはいけません!幸いなことに、現地で信頼できる人の力があったからできたことです。皆さん、安易に真似はしないで下さいね!

 

18640_1361874413214_3910507_n18640_1361874493216_4606613_n

このファッションモールは、丸1日かけても時間がたりないくらい大変大きなモールです。また、このモールの周りにも路上ででているマーケットが延々と続いているほか、いくつものファッションビルが立ち並ぶ「問屋街」です。

問屋街と言っても、すべての店で小売りしてくれます。プラティナムファッションモールは新品ばかりが並ぶビルで、その周りにあるビルは新品と中古品と混ざっていますが、値段は「日本橋馬喰町の問屋街で買う」よりやや安いくらいです。

とにかく、膨大な数の店と商品から選ぶのですが、バンコクの面白いところはタイのオリジナル商品の他に、日本でよく見かけるような中国製の新品や、インドネシアからなどのエキゾチックな雰囲気のドレスや、中には日本から逆輸入された日本テイストの「可愛い系」の新品も混ざっているところです。

基本、冬がないので秋冬物の仕入れには向いていない場所ですが、年間通して着られるインナーやワンピースなどを探すにはうってつけの場所と言えます。

もちろんメンズも仕入れられますが、Tシャツなどのカジュアル衣料がメインです。

1点でも買えますが、基本「問屋街」なのである一定の量をまとめて買わないと、割高になります。

プラティナムファッションモールのそばにはDHLの事務所もあり、「たくさん仕入れていったん荷造りしないといけない」ときも歩いて10分くらいのところのDHLで荷物を預かってくれるので安心です。

ヨーロッパと違い、高価でブランド性を打ち出せる商品を取り扱った業者はあまりありませんが、それでも近年のスタイルの欧米化に合わせて、バンコクの業者もかなり「ウエスタンテイストな」商品を提供しているところもあります。こういう店は、他より3~4割値段が高く現地の人は買わないのですが、ヨーロッパで仕入れするより4~6割くらい安いのでかなりいい仕入れができます。

しかし、なぜだかわかりませんが、少なくとも私が仕入れに行っていた3年前は、この手の「made in Thailandのヨーロピアンアイテム」を買い付けている日本人バイヤー、殆どいませんでした。いたとしたら、馬喰町にある大手の問屋のバイヤーが大量に取引しているくらいで、なんでこういうトレンド性の高い商品を日本人バイヤーは見ずに、いかにも「タイスタイル」といったものしか買い付けないのか不思議でたまりませんでした。

実際、以前私がしていた店でよく売れたタイのアイテムはーこれらのmade in Thailand のヨーロピアンなアイテムでした。

それから3年が経過し、タイだけではなくアジア全体が大きく変わってきていると思います。

6,7年前まで、日本のアパレルの展示会で海外から出店に来ているのはヨーロッパ・アメリカが1,2割で、アジアはほとんどが中国、韓国、香港といった「日本から隣接している国」しかなかったのですが、今年の7月久しぶりにアパレル展示会を訪れた時はタイ、バングラデシュ、インドネシア、インド、そのあとにやっと香港と上海・・という感じで、今のアジアは熱風が吹くように大きく変貌していることを実感せざるを得ませんでした。

と・・・話が横道にそれてしまいましたが・・・

洋服屋をされている方で「タイで仕入れをしたい」という方、プラティナムはマストです!

かなり前から「バンコクは仕入れとして最高の場所だ」というバイヤーもたくさんいるのですが(日本人に限らず)、バラエティがあって手ごろな新品商品を探している方は是非訪れてみてください!

次回、「タイ・バンコクで仕入れができる場所教えます」は「人間と拳銃以外、何でも買えるんじゃないか??」

と思ってしまう、バンコク一の巨大マーケットについてお話しします。

 

「日本のために、世界のために何ができるか」
10000か所を周るプロジェクト
くどう みきこ


タイ・バンコクで「洋服の仕入れができる場所」教えます その1」への1件のフィードバック

  1. bktph

    タイバンコックで洋服の仕入れができる場所読ませていただきました。1月11日からバンコックへ仕入れに行く予定です。バンコックへは初めて行きますので、今回のデモの影響を心配しております。町の雰囲気がわからないのがこまっております。おそらくMARKETは開いているのでしょうね。デモに近づかなければ大丈夫かと思っておりますが、何か情報がありましたら、お教えください。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>