不安な国際線の乗継ぎ・・もうこれでバッチリ!乗継のベテランが教える極意その1

IMG_2570

今日の写真・ロサンゼルス国際空港(LAX)
非常に大きくいつも混雑している空港で、写真を撮るために立ち止まるのも難しい。

 

みなさんこんにちは、くどうみきこです。
今日でシンシナティの滞在も終わり、ノースカロライナ州アッシュビルに移動します。
その後車でサウスカロライナ州に移動し、出国します。

これまでにもブログで数回書きましたが、
今回は2週間の間にたった1つの国を訪れるだけで乗継ぎ計7回 
「移動するだけで」かなりヘビーな旅になってます!
特に日本人は「乗継ぎ」を嫌う人が多いので
直行便が出ていないところに足を運んでみたいけど、万が一何かあったら不安だな・・・とか
乗り継ぎに伴う手間と時間がわからないし、つい直行便しかでていないところばかり選んでしまう、など
特に旅慣れていない人には、乗継ぎはひとつのハードルになるのではないでしょうか。

今日は、そんな方たちのために
極力スムーズに飛行機を乗り継ぐ方法その1
をお伝えしたいと思います。

日本の旅行会社を使う場合は必ず確認がはいるので大丈夫かとは思いますが

乗り継ぎ時間に必要な時間は、最低でも1時間
心配な方は2時間見ておかれると安心です。

だいたいの場合は、1時間あれば十分に乗継ぎできますので大丈夫です。

アメリカの空港を利用した場合、の話ですが
たいていの場合、着陸したゲートと乗り換えるゲートが同じ場所か、または近くにあるので搭乗券によっては1時間以下の乗継ぎもあるかと思いますが、心配しなくて大丈夫です。

日本は親切なので、旅行会社は最低でも1時間の乗継ぎ時間をくれますが
アメリカの話ですると、航空会社の乗継ぎの規定は最低25分とされています。

さすがに25分だときついですが、トイレに寄るくらいでいいのであれば、35分くらいで次のターミナルにたどり着ける空港がほとんどでした。45分くらいあれば充分な余裕をもって対応できると思います。

国際線との乗継ぎで1時間以下しかない場合でも、落ち着いて対処してください。

不安な場合は、最初の目的地から飛行機にのり、到着する前に客室乗務員に
「国際線乗継であまり時間がないんだけど、どのターミナルについてどこのターミナルに移動すればいいのか、それにどのくらい時間がかかるのか」

を聞けば教えてくれます。
着陸する前にアナウンスが流れる場合もありますが、不安な方は直接聞いてみるといいでしょう。
(ただし、地上との連携が取れていない時もあるので、その場合は「着いてみないとわからない」と言われます)

「そんなこと言われても、その英語がわからない・・・」

という方も大丈夫です。

I need to go back to Japan, I don’t have the time! please help me!

と「乗り換えで時間がないから本当に困っているんです!」
ということを身振り手ぶりでいいのでとにかく伝えてください。
そのために、事前に「利用する空港のターミナルマップ」をインターネットで調べて、プリントして持っておくと
言葉が十分ではなくても添乗員さんはすぐに理解してくれます。

飛行機が遅れている、飛行機の中が込んでいて降りるまでに時間がかかる、客室乗務員が判断した場合は、スムーズに乗継ぎできるように出口近くに席を移動してくれたりなどの処置をしてくれます。

とにかく「困っている」と相手に理解してもらうことが大事です。

乗継ぎも慣れてくると、それぞれの空港の違いを楽しめるようになりますよ!

この続きはまた更新します!

それではまた(^_^)

 

「日本のために、世界のために何ができるか」
10000か所を周るプロジェクト
くどう みきこ

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
にほんブログ村


仕事旅 ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>