外国人へのお土産に絶対喜ばれる!メイド・イン・ジャパンってどんな物?

IMG_1933

 

今日の写真:京都:寺町通りで見つけた生地屋さんで

 

みなさんこんにちは、くどうみきこです。

昨年の11月より、ステーショナリーの会社で正社員として働くようになってから、すっかり更新が停滞し・・・

泣。。

またまた久しぶりのブログとなりまして、申し訳ございません。。

今日は、未だに世界に影響を与え続けるメイドインジャパンの商品力・・・をテーマに

外国人に、お土産に喜ばれる日本のモノって何??ということについて取り上げます。

(というとよくお茶、とか着物、などという答えが返ってきますが、それだけではないんですよ~)

 

他の先進国と比べて、仕事に対する心構えも社会に対するあり方もグローバルなコミュニケーション力も

残念ながらまだまだ、遅れを取っている日本・・・

そんな中でも、「メイドインジャパン」は、未だに世界でNo.1 に匹敵するといっていいくらいの

高いクオリティ、商品の変化の早さなど

海外で評価が高い、ということをご存知ですか?

メイド・イン・ジャパン は 世界でー流のブランドに値する、といってよいのです。

実際、今私が勤務している会社にもMoMA(ニューヨーク近代美術館)、Colette(パリ)、ウイーン国立美術館、H&M(スウェーデン)、その他数多くの海外のセレクトショップ・美術館などから

「メイドインジャパンでデザインも優れたおたくの商品を是非、取引して欲しい」と熱いオファーが来るのです!(こちらから、オファーをしていたのではないのですが・・・)

そこで・・・「お茶」「着物」「カメラ」「車」など典型的な日本製のものではなく、現在の市場にあるもので外国人が喜ぶメイド・イン・ジャパンってどんなモノなのかをご紹介します。(順は不同です)

 

1. 日本の文房具

知ってましたか?実は日本の文房具って、海外でとても人気があるのです!

わかりやすいところで、鉛筆(小学校のとき、よく使っていたごくごく普通の鉛筆です)、

最近のもので、フリクション(パイロットコーポレーションから発売されている「消せる」ボールペン)→特に欧米で大人気です!その他ぺんてるのプラマンは値段が¥500と安くて、プレゼントするにもお財布にやさしい値段ですね。

ノート、メモ帳などの筆記具(ツバメノート、TAKEO、LIFEなど)

日本の文房具だと「ちょっと値段が高め」のこれらの商品は、海外では Cool and Stylish! ということでファンが多いのです。紙もしっかりしているのが人気が高いです。文房具は男女関係なく喜んでいただけるだけでなく仕事上で付き合いをするofficlalな場でも、ギフトで相手に差し上げやすいと思います。

 

 

2. 日本の古着・レトロな雑貨

実はこれ、個人的におススメのアイテムなのですが 笑

日本の1970年代のレトロな雑貨は、That’s  cool! といって特に若い外国人に大人気です。

当時の日本独特のテキスタイル(柄)、素材(男性には、幅の太いレトロなネクタイも喜ばれます)また、藍染でできたエプロンも人気です(写真下 ↓ )最近、この手のエプロンも復刻でよく見かけるようになって来ました。復刻物で充分です!

ttp://blogs.c.yimg.jp/res/blohg-06-ee/yahuoku0416/folder/182676/20/833920/img_0

昔の日本のキャラクターグッズ(アニメやフィギュア系のものでなく、昔コカコーラを買ったときにもらったおまけのタンブラーとか、そういった類のものです。コレクターズアイテムになると値段も上がりますが、フリマなどで数百円でそういったものを見つけたとき、外国人の友達が日本に来たときのお土産用についつい買ってしまいます。

 

3.(よくコンビニなどで売っている)日本のお菓子

日本のお菓子というと、日本人は和菓子を思い浮かべますが

高級和菓子、羊羹などの練り物、お饅頭(特にあんこ類)、寒天などは、その食べなれない食感に違和感を起こす外国人もいます。

特に家族連れの外国人、すぐにその場で開けて喜んでもらえるようなちょっとしたものでいいんだけれど・・・というような場合、一番好評なお菓子はコンビニなどでよく売っているチョコレートです。

「えっ?そんなものでいいの?」

と拍子抜けされるかもしれませんが、それで充分なのです 笑

コンビニで売られている王道のお菓子から「期間限定」のチョコレート菓子まで・・・本当に日本のお菓子ってバリエーションが多く、また「限定もの」も多いように思います。見た目の形も凝っていて、ビジュアルも楽しんでいただけます。板チョコではなく、「きのこの山」「コアラのマーチ」「日本限定の抹茶キットカット」など、食感がクリスピーなものがいいです。

※逆に・・・「日本の缶ビール」はたとえ期間限定であっても、外国人には「味の違いがまったくわからない・・・」とあまり好評ではないので、アルコールを楽しむならお店に連れてってあげましょう!(余談でした)

 

いかがでしたか? それではまた!

 

「日本のために、世界のために何が出来るか」10000箇所を周るプロジェクト起動中

くどう みきこ

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>