ダディ 世界へ挑む日本人ワシントンD.Cへの道 4

IMG_0952
写真提供:玲子さん
(写真掲載については、代理許可を含め写っているすべての方の了承を得て掲載しています)

 

尊敬するスピーカーもいっぱいいます(笑)

 

例えば、Nancy Duarteとか、Mark Brownとか、Kwong Yue Yangとかね。
でも、たぶん、私に最も影響を与えたのは、もっと身近な人ではないかと思います。
お父さんとか、小学校の校長先生とか。。
今回は、そんな身近な人の中で、自分のスピーチに最も大きな影響を与えた人のことを書いてみました。
—————————————————————————————-

「で、結局何が言いたかったんだ?」

講壇に立った大きな男は、にやりと笑ってそう言った。

 

この日、私はCCマニュアル3本目のスピーチを終えて、この人の論評を待っていた。

辞書で英単語を調べて、ネットの翻訳機能を使って。

英語スピーチ原稿1枚書き終えるのに普通に2か月かかった。

やっと仕上がったA4 用紙1枚の大作。

それを私はこの日、講壇で堂々と完全朗読した。

 

トーストマスターズに入会してまだ半年くらいだった私には、そもそも「スピーチ」が何なのかがよくわからなかった。書き文章でスピーチを書くということも、書いたものをただひたすら7分読む、ということも、悪いなんてちっとも思ってなかった。スピーチにメッセージが必要だなんて、考えたこともなかった。

それでも今までの2回は褒められてきた。

きっと今回も褒めてもらえる。

 

ところが、今回の論評者は違った。

講壇に立つなり私を見て、大きな声でこう言った。

「で、君は結局何が言いたかったんだ?僕らに何を伝えたかった?何を感じてほしかった?

それが伝わってこないスピーチはスピーチとは言わない。」

 

「。。。」

クエスチョンマークが100個くらい浮かんだ。

教室が凍ったみたいになった。

そこから3分間、彼は一度も私を褒めなかった。

 

「何も伝わってこなかった。

それは、君が朗読したからじゃない。

そもそも、伝えたいことが何なのか、君自身がわかってないからだ。」

 

彼はその日、スピーチにはメッセージが必要だということを教えてくれた。

ストーリーの中にある「感動」を掘り下げていくと、必ずそこに「理由」が存在する、それが君のメッセージの「種」なんだと。

それをとにかく掘り下げて、自分のメッセージを探すんだと。

 

散々怒られてあからさまにめげた私に、彼は最後にこう言った。

「書き直してもう一度やってみなさい。

何度でも見てあげるから。」

 

この言葉にグッと来たのは、私だけではなかったと思う。

自分の論評の責任さえ取ろうとするその態度に、彼の真剣さを感じた。

人前で話すということは、発した言葉の責任が問われるべきことである。

 

「この人に褒められるスピーチを書きたい」

 

この大きな声の論評者こそ、私が最も信頼を置くスピーカーの1人、ラスカイル・ハウザーだ。

私にとっては、まさに、スピーチのダディだ。

彼の言葉には鋭い理知がある。

そしていつも、深い愛がある。

 

あの衝撃の夜から3年間、彼は、私のほぼすべてのスピーチを見てきた。

そして今回も。

 

ディストリクトが終わって2週間後、私はやっぱり彼に原稿を見せることにした。

今度こそ、褒めてもらいたかった。

ところが。。。

 

彼はそんなに時間もかけずに原稿を読み、

そんなに深く考えた様子もなく、

顔を上げるとこう言った。

「成長したね。腹立たしいほど。」

 

ん??喜ぶところか?

「ありがとう」って言いかけた私の口より早く、次の言葉が来た。

 

「でも、結局何が言いたかったんだい?」

 

ん??

クエスチョンマークが100個くらい頭に浮かんだ。

どう読んでもメッセージはあるでしょ!?

 

あからさまに腑に落ちない顔をした私に、彼はひるまず続けた。

「メッセージは明確にある。

ただ、もっと深くなる。もう一度掘り下げてみなさい。

セミファイナルまであと2か月ある。

とにかくメッセージを掘り下げて掘り下げて。。。

もう一度向き合ってみなさい。」

 

そして最後に、にやりと笑ってこう言った。

「何度でも見てあげるから。」

 

 

— 次回へ続きます。

 

次回予告 「玲子さん応援メッセージスケッチブック、東北へ旅に出てます」

——————————————————————————————————-

<表参道バイリンガル180回特別例会のお知らせ Special Meeting Announcement>

District 76代表そして日本代表として、8月に行われるワシントン国際大会に出場する、表参道バイリンガルトーストマスターズクラブのメンバー増井 玲子さんの壮行会を兼ねた壮行例会を開催します。他のトーストマスターズクラブのメンバーも参加可能です。皆様から増井さんへの熱い応援をお待ちしております!

The winner of the International Speech Contest 2016 in Japan, TM Reiko Masui from Omotesando Bilingual Toastmasters Club is going to Washington D.C. as a representative of Japan. Her send off party will be held by Omotesando Bilingual Toastmasters Club. Join us to support Reiko!

<例会詳細 Details>

・日時/Date:2016年7月30日(土)17時~20時 2016 July 30(SAT) 17:00PM~20:00PM

・料金/Fee:5,000yen

・場所/Place:Green Lounge Shibuya

・地図/Map:https://plus.google.com/104619190266711739432/

・お問い合わせ/Inquiry:http://omotesando-tmc.org/wp/contact/
トーストマスターズクラブ会員のみ、壮行例会の参加申込可能です。参加ご希望の方は、以下のフォームに必要情報を入力、送信をお願い致します。申込期限は2016年7月22日金曜日23:59となります。Please note that only member of Toastmaster Club can apply for the send off party. Please fill out the form below and send us. The closing date is at 23:59 on Friday 22th July 2016.

▼お申し込みはこちらからどうぞ ↓ お申込みフォーム Apply Form
http://goo.gl/forms/oP9FhsLOwg8Q8sDv1

 

 

 

 

表参道バイリンガル 元会長

増井 玲子さん 応援団長

くどう みきこ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>