皆さん、本当にありがとう。 全ての応援メッセージに愛を込めて 世界へ挑む日本人2016ワシントンD.Cへの道7

IMG_0414

Go Reiko! 玲子さんへ応援メッセージを是非!
とラブコールをくださった、千代田トーストマスターズの例会で。

 

それは5月20日、大阪国際大会まで約1週間前のことだ。

 

 
私は一クラブの会長として 「今回の国際大会は、コンテスタントを始め 大会最後の会議に参加する役員にも交通費を全額支給しない」 苦渋の決断をメンバーメールで提案していた。

 

会員が20人満たすか満たないかの小さなスピーチクラブ。

クラブ内から幾つかの反対意見はあったが、遠距離の全国大会へ行く交通費を参加者分全額負担するのは、クラブの会計を圧迫する死活問題である。

来期の役員たちには、秋の広島へ自己負担なく行ってもらえるように– 「今、身を削る」ことを選択した。

 

 
その決議がほぼ採択された翌日、パリへ出張中の玲子さんからメールが入っていた。
 

「私ごとですが、翌日に大阪の近くに出張が入り、交通費が他から支給となりました。今回可決されても、実質、費用は頂戴しないこととなります。

 
皆様のお気持ちだけありがたく頂戴し、精一杯やってきます!と皆さんにお伝えください。
あと、コンテスト前夜のメール激励はpricelessです!是非是非お願いします。
いつもありがとう!」

その時わたしは、あぁ玲子さん応援メッセージがたくさん欲しいんだな、と直感で思った。

そしてその翌日の21日は例会があり、私は表参道の例会の中でTMODを務める予定だった。
直前に慌てて色紙とペンを買い、参加メンバーから応援メッセージを貰った。
あっという間に集まったが、その日参加していたのは約10人ちょっと。
真新しい色紙にはまだ空白が目立っていた。

 

あぁそうだ、今日参加できなかったメンバーから代筆でメッセージをもらおう。応援はpricelessだから。
そこで私は欠席したメンバー1人1人へメールし、メッセージを代筆した。
国際大会の前日の夕方、表参道メンバー全員から 応援メッセージが集まり、色紙の空白が埋まり
それをそのまま玲子さんへ渡した。

 

今回、スケッチブックを用意し「できるだけ多くのクラブから応援メッセージを貰って、アメリカの舞台へ立つ玲子さんを支えたい!」と思ったのは、その色紙が発端になっている。

仕事の量が増え、残業が続きなかなか時間が取れず、その矢先に体調不良により
残念ながら私は殆どクラブを廻ることができなくなり、玲子さんには申し訳ないことをしてしまいました。

そんな中で応援メッセージご協力頂いたPioneer Toastmasters, Tokyo Table Topic Toastmasters, 目黒トーストマスターズ、そして千代田トーストマスターズの方々に、心よりお礼申し上げます。

特に「玲子さんへ応援メッセージ送りたいです!ぜひ我がクラブにいらしてください!」 と数人の方からラブコールを頂いた千代田トーストマスターズでは、クラブ例会の中でスケッチブックの事をご紹介いただき、皆さんとの写真撮影にまでご協力頂きまして、本当にありがとうございます。 とてもアットホームで、活気のある楽しい例会でした。

 

13705314_1071808249560924_76535250_n

仙台・政宗トーストマスターズと東北全6クラブのメンバー+埼玉・上尾からのメンバーも加わって
台湾のクラブへ贈られるメッセージとともに、玲子さんへの応援スケッチブックもメッセージで一杯になった。
(写真撮影:日戸 めぐみさん)

 

「玲子さんへできるだけたくさんの応援メッセージを1冊のスケッチブックにまとめ、アメリカのステージで少しでもリラックスできるように楽しんでほしい」との思いから始まった、この「スケッチブックの旅」。

そしてこのために、私以上に活躍してくれる人が現れた。

その人は— 宮城県仙台市にある「政宗トーストマスターズクラブ」に所属する日戸 めぐみさん。

最初のきっかけは、私は都内周辺のクラブしか回ることが出来ないので、代筆でもいいので遠方のクラブからメッセージを頂けないかな?と日戸さんに相談したことが始まりだった。
今年のブログが始まってから、特に遠方のクラブの方から玲子さんへ熱心な応援メッセージがいくつか投稿されていたことも印象に残っていたからである。

「ちょうど東北全6クラブが集まる合同例会があるのですごいタイミングいいです!スケッチブックを預かることが出来れば、その他のクラブもできるだけ廻って集めてみます」

というメールの返信を日戸さんから頂いたとき、私はまさかこのスケッチブックが「青森県から愛知県まで」東日本をほぼ網羅して旅するとは全く想像していなかった。
そして–このブログを公開する今も
玲子さんがアメリカへ行くぎりぎりまで、日戸さんは1冊の応援スケッチブックと共に
このToastmaster’s Journey を続けてくださっている。

 

玲子さんがチャンピオンになり、もはやその栄光は表参道バイリンガルクラブだけのものではない。

5/29 の大阪での全国大会で、3人目/ 7年ぶりの女性チャンピオンとなった玲子さん。

その雄姿を大阪で直接見たトーストマスターたち

その姿を見ていないトーストマスターたち

玲子さんの活躍が多くの人々に勇気を与え、感動を与え、そして個々のユートピアとなり

その熱い想いが「世界へ挑む日本人」への、大きな糧となる。

 

IMG_0952

 

残念ながら今回、西日本~九州方面は周れませんでしたが、大阪・九州のクラブの方からも数人メッセージを頂きました。

そして、皆さんが真摯なメッセージを下さる姿に私も励まされ、勇気をもらいました。

 

皆さん、本当にありがとう。

皆さんから頂いたメッセージがたくさんつまった応援スケッチブックは、私から責任をもって玲子さんへ渡します。

 

玲子さん、

ワシントンD.C国際大会まであと3週間。

人生は一度きり。悔いのないよう、精一杯ステージを楽しんできてください。

8/19 早朝、 幡ヶ谷のMiki’s Cafeから玲子さんの姿を見るべく私も応援しにいきます。

 

 

【ザ・朝活】ワシントンD.C国際大会を楽しもう!

玲子さんの応援「&Toastmasters Internationalセミファイナル」のライブ中継を致します。

日時:8/19 6:30am- 9am
場所;Miki’s Cafe(京王線幡ヶ谷駅北口より徒歩8分:渋谷区幡ヶ谷3-16-3)
Charge: 3000 Yen ( Live fee + breakfast included) TMI Internationalから配線されるライブストーリングを上映します
定員30名(立ち席になります。立ち見に支障のある方は椅子をご用意いたしますので、遠慮なくお知らせください)

お申し込みはこちらから➡https://www.secure-cloud.jp/sf/1467925908UEFrkUys

自宅でのんびり見たい方は、下記URLより視聴可能です↓

http://www.toastmastersondemand.com/
 
ライブストリーミング:セミファイナル全て:99ドル(昨年度)1セミファイナリストのみ:29ドル(昨年度)

玲子さんのセミファイナルの時間:現地時間 8/17(木)17:30-19:30 Semifinal 10
(日本時間:8/18(金)6:30am-8:30am)

 

増井 玲子さん 応援団長
表参道バイリンガル元会長

くどう みきこ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>